スサノオ製作記「頭部形状」 このエントリーをはてなブックマークに追加

スサノオ製作、10回目となる今回は頭部形状について
上半身はこれで完成です

今回、製作過程はひかえめ
スサノオ 製作10 トップ



まずは頭部の後ハメ
スサノオ 製作10 頭部後ハメ1スサノオ 製作10 頭部後ハメ2
頭部は接着後、兜の境目に沿ってタガネで切断、分割
下のダボ部分の上半分を切り取ることで後ハメ化

おかげで仮組みでグラサンが取り付けられなくなりました
本組みで接着してしまえば問題なく接続できるはず

スサノオ 製作10 頭部後ハメ3
兜飾りは取り付け部分のピンを半円状に切り取り、反転させることで取り付ける仕組みに
少々保持が緩くなってしまうのですが、加工や塗装のしやすさを優先

スサノオ 製作10 頭部飾り1
兜飾りは形状も少々いじりました
0.5mmのプラ角棒、プラ角棒をガイドに、黒い瞬間接着剤で延長、シャープ化
よりトゲトゲしい感じに
“逆毛”を作りたかったんです
外側にはポリパテも使っていますが、欠けやすいのでやっぱりお勧めは黒瞬着です
(大まかには00のアンテナのシャープ化と一緒です)

続いてはケーブル
スサノオ 製作10 ケーブル1
リード線がリード線にしか見えなかったので、先端をプラ板でデザイン追加
リード線と1mmのプラ角棒を瞬間接着剤で接着、
サイドと先端は0.5mmのプラ角棒は流し込みタイプのプラセメントで接着しています
接着後にサイドの幅は削って調整、肘との接続を可能にしています

ラストは首ー
スサノオ 製作10 首1
まず、首のポリキャップを厚さ0.5mm、幅2.5mmの平棒で囲います
マスキングテープで固定しながら、流し込みタイプのプラセメントで接着します

スサノオ 製作10 首2
その後、なんやかんやでこうなります(汗
横枠を0.5mmのプラ板で、前を一部平面化した1mmのプラ棒、後ろを1mmのプラ板で囲っています

ちなみに胸部はプラ板の角度がずれていたので再製作しています

スサノオ 製作10 首3
ポリキャップと直接は接着していないので、プラ部分は取り外すことが可能です
ポリキャップは同じ形状のキットが多く、
枠さえ出来てしまえば割と簡単なのでおすすめの改造ポイントです

スサノオ 製作10 首4
取り付けてしまうとほとんど見えないんですが…、ディティールアップなんてそんなもんです;

頭部周りはちまちまと進めていたのですが、まとまったのでここで紹介
残っている作業はこんな細かい作業ばかりです

次回
ディティールアップ

「開口、打ち込み、リベット」

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/06/29 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL