曹操ガンダム製作記?「ウレタン実験編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

えぇー…
前回で製作記録は終了の予定でしたが、どうしても紹介したくなってしまったので…
今回はウレタンクリアーの特集です

ウレタン 紹介
曹操はほとんど出てきませんのあしからず(汗


まずはウレタンクリアの性質について
以前ここで紹介していたスジボリ堂「ウレタンクリア」レビューをまとめ

ウレタンクリアについて
性質
1.主剤(画像右)と硬化剤(画像中央)との化学反応により硬化
2.上記の2液にプラを浸す(もろくする)効果はない
  同じく、ラッカーやエナメル、アクリルの顔料も溶かさない
3.塗膜が硬い


ウレタンクリアには上記の性質があります
仕上げコートには理想的な性質です

使用法
1.主剤と硬化剤を10:1の割合で配合
エンホウ ウレタン 実践1
やや粘性があるものの、この状態でも使用可能です(筆塗りにはほぼ適正粘度

2.シンナー(画像右など。溶剤はラッカーも可)で適正粘度に希釈して塗装
エンホウ ウレタン 実践2(画像では硬化剤に溶剤を添加)
希釈には良くも悪くも溶剤の硬化を妨げる効果もあります
基本的にはシンナー分が乾燥しないと硬化しません
自分の場合、10~30%くらい希釈します
(エアブラシの使用環境、配合後の経過時間によって適正は変わります

めんどくさい部分は多々ありますが、なかなか便利です

ウレタン実験まとめ

以前ここで紹介していた楽しい実験「ウレタン・フラットベース添加」をまとめてみました

手順
1.ウレタンクリアにフラットベースを10%ずつ添加し、エアブラシで塗装
2.乾燥後、それぞれフラットベース分0%、10%、20%、30%、40%、50%の状態を黒地に光源を当てて撮影


結果
ウレタンクリア(フラットベース0%)の塗膜から…
ウレタンクリア
↑ウレタン100%の画像。
まさに光沢というつや

続いて30%添加↓
ウレタンクリア フラット30%
↑フラットベース30%の画像
このくらいが半光沢かな?

ラストは50%↓
ウレタンクリア フラット50%
↑フラットベース50%の画像
つや消しの状態に

曹操にはこの3つのつやを使い分けています


…っというわけ曹操の「塗装編」ラストの解説となります;;;
見覚えはありますが↓の画像
曹操 未塗装 塗装3
曹操の塗装では本体の曹操と絶影はつや消し、鎧などは半光沢、機武帝用の金パーツなどは光沢…
っと、つやにメリハリを持たせてみました

今回の解説の通り、濃度濃い目のウレタンでエナメルのスミ入れに干渉しない様にしてあります
(っといっても今回の塗装で学んだ部分も多いのであまり反映されてない部分もありますが…)

おそらくSDでウレタンまで持ち出してくる変わりもんは自分くらいでしょう(汗
知識ばっかで頭でっかちなんだよな…、“つくる人”なのに…orz

さて、そんなこんなで現状持てる力を尽くした曹操ガンダム
ついに次回は完成品紹介です!

次回を待て!

(2012.05.04:追記)
実践編追加!

(2014.03.26:追記)
記事を再編し、レビュー実験を分割しました


…えらくマニアックな特集でごめんね(汗
今度もっとわかりやすい特集もするから
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2011/04/12 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL