HGAGE「ダナジン」素組みレビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

HGAGEよりレビュー2つ目、第三世代キオ編よりヴェイガンの量産機ダナジンをレビュー

地球上への直接侵攻を前提に設計された機体で、
自然環境の踏破能力に特化するために人型からかけ離れたデザインとなっている

どちらかというと地上戦用の機体なのでしょうか?
ダナジン 素組み トップ



ダナジン 素組み 前
ダナジン 素組み 横ダナジン 素組み 後
足をまっすぐ伸ばした印象がないので立たせてみるとやや違和感
脊髄系の可動がいまいちで、やや上を向いた状態になってしまうのが残念なところ
その他の腕、足、尻尾、羽根の可動はいい感じ

A、B、C、D、Eのプラランナー+ポリキャップが3ランナーと、ポリキャップ多めの構成、
BB戦士でよく使うボール型のポリキャップが14個もあります(ちなみに3個余ります)
プラランナーは緑と黒の2色のみ、最近のキットには珍しくクリアパーツなどもありません
とはいえ元のデザインの色の少なさもあり、色分けは問題なし
シールは目とあご、股間のキャノンの銃口の3つ、今回は全て貼っています
相変わらず色分け、可動はいいのですが、合わせ目は目立つ作り

ダナジン 素組み 比較
ギラーガ、ではなくゼイドラと比較
ダナジンに大柄な印象がありますが、比べてみるとそれほど大きさに違いはないようです

ダナジン 素組み ポーズ1
手足の関節の可動いいので、なんちゃって四足歩行形態にも出来ます
アニメのイメージと比べると腕がでかい気がしますが、これはこれでいいのではないでしょうか

ダナジン 素組み ポーズ3
接地が良く、安定感があるので、尻尾を使わずとも自立が可能です
前かがみで走る様なポージングも余裕でこなします

ダナジン 素組み ポーズ4
股間には“ダナジンキャノン”があります
…「これキャノンやったんかい!」とは思いましたが、スパロボっぽくて好きです

ダナジン 素組み ポーズ5
尻尾“ダナジンスピナー”、
「スピナーってなんぞ?」と調べてみたところ“回転するルアー”しか出てきませんでした
(あってるのかな?

こちらの尻尾、上下左右の可動が非常に良く、様々なポージングが可能です
ただし“ひねる”様な可動はできません
そのぶん安定感がある様な気もします

ダナジン 素組み 竜1
いないいない…
ダナジン 素組み 竜2
ばぁ!

アイセンサーの展開はパーツの差し替えにより再現されています
ハンドパーツはバルカンを格納して握った状態とを露出させた平手状態が2つずつ付属
残念ながらあごのビームシューターや手のビームバルカンに装備するビームサーベル刃は付属しません

そして変形
ダナジン 素組み 竜3
飛行形態
良くも悪くも変形は可動のついでの様な簡単なもの
各部可動のクリアランスがしっかりしていて、パーツの削れや塗装剥げの心配はなさそう

ダナジン 素組み 竜4ダナジン 素組み 竜5
アクションベース接続穴は、尻尾の下のフィン(スラスター?)を外したところにあります
こちらの差し替えにはポリキャップが使われていて、差し替えが楽にできます

ダナジン 素組み 竜6
上にモビルスーツ(ゼイドラ)を乗せても結構、様になります
アニメではだいたい地上編が終わってしましたが、個人的にはまだまだ活躍して欲しいところ

ダナジン 素組み ポーズ2
ダナジンレビューでした
こんな風に「あんぎゃー!」って鳴きそうなイメージ
恐竜のようなスパロボっぽいデザインで第三世代の方針を体現したかのような機体
個人的には今のところAGEで一番好きな機体ですね

名前は恐竜=ダイナソー=DANA+人=ZINで「DANAZINE」?
…個人的にアダ名は「竜人」です;

(2012.6.5:追記)
製作開始!


ちなみに恐竜は英語で[dinosaur]です
danazinとはかすってる程度ですね(汗
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/05/30 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL