HG1/144「新機動戦記ガンダムWエンドレスワルツ」“コロニーの戦士たち” このエントリーをはてなブックマークに追加

ギャラリーから過去作を分割したところで、せっかくなので一番の過去作を公開
HG1/144「ウイングガンダムゼロカスタム」(ウイングガンダムゼロEW版)
HG1/144「ガンダムデスサイズヘルカスタム」(ガンダムデスサイズヘルEW版)
HG1/144「ガンダムヘビーアームズカスタム」(ガンダムヘビーアームズ改EW版)
HG1/144「ガンダムサンドロックカスタム」(ガンダムサンドロック改EW版)
HG1/144「ガンダムナタク」(アルトロンガンダムEW版)
をまとめて紹介
商品名が今の設定と違うという曰く付きのキットでもあります(笑)

つくる人が初めて全塗装したキットで…
今見ると拙い部分は多々ありますがさらしてみます
HGWEW トップ



最初に全体の大まかな仕様について…
知識も技術もないような「サフ?なにそれ?」「薄め液?ナニソレ?」って状態で、
覚えたての合わせ目消しと塗料瓶直の筆塗りで全塗装しています
スミ入れはスミ入れペンで行い、基本的にトップコートはしていません

では、我が思い出と共に…
HGWEW 2 前
HGWEW 2 横HGWEW 2 後
まずはデスサイズヘルカスタム
正真正銘、初めて全塗装で完成させたキットです
最初にこいつを選んだのは5機の中で2番目に好きな機体だから

マント(アクティブクローク)などはつや消しの黒で、
メインボディはニュートラルグレーをベースに黒を足し、より“闇っぽい”カラーに
スパイクや肩の本来、白の部分はシルバーで塗装しています
顔だけ目元などをはっきりさせるために白で塗装
「黒・銀」って色合わせが当時好きだったんです(今も好きですが)
ビームシザーズはシルバーの上からクリアーレッド、
その他の赤はレッドの上からクリアーレッドを塗装しています
昔っから重ね塗りが好きなんです

HGWEW 2 ポーズ2
プラの差し替えによりアクティブクロークを閉じた形態に

HGWEW 2 ポーズ1
ビームシザーズは両手持ち可能
デスサイズにも胴体アクションパーツが付属するのですが、壊してしまい紛失


HGWEW 3 前
HGWEW 3 横HGWEW 3 後
2番目に作ったのがヘビーアームズカスタム
色数、細かさ共にトップの機体なので、ここでレベルアップを目指しました

基本的にニュートラルグレー、ジャーマングレー、ミディアムブルーをそのまま塗装
今見ると銃身にメタリックカラーを使いたくて仕方がないです
メインカラーの青系は“車”っぽいイメージで細かく調色した覚えが…
頭のブレードアンテナのみ、ゴールド→クリアイエローで重ね塗り

HGWEW 3 ポーズ1
肩と胸部にはハッチオープンのギミックがあります(腰と足のミサイルポッドは差し替え)
800円でこのギミック量には当時から感動したもんです
銃口などの細部はこのときから綿棒やらつまようじで手抜き塗装しています
ヘビーアームズに関しては今作っても大差ないんじゃないか?と思えてしまうことが悲しい;

HGWEW 3 ポーズ2
パッケージにもなっている“全弾発射”
ヘビーアームズといえば“これ”っというイメージ


HGWEW 4 前
HGWEW 4 横HGWEW 4 後
3番目がサンドロックカスタム
確か…、一番どうでも良かったから3番目(真ん中)だった気が(汗

青系の色がウイングとかぶるんでサンド(砂)とロック(岩)のイメージで色替え
本体色の白は、ホワイトにゴールドとイエローを足して調色
ゴールドで砂っぽいキラキラした感じを少し出したかったのですが、効果は微妙
黒系はジャーマングレーやミッドナイトブルーです

HGWEW 4 ポーズ1
プラモオリジナルパーツの盾
地味にシールはつや消しに
シールのてかてかが気になったので、完成後数年経ってからつや消しスプレーでコート

HGWEW 4 ポーズ2
これまたオリジナルギミック「クロスクラッシャー」
やけにかっこいいんですよね、この盾
とはいえ「盾よりマントつけろよ」と思わなんでもない(汗

HGWEW 4 ポーズ3
プラス胴体アクションパーツでアクションポーズ
オリジナルカラーの多さもあって、作りながらどんどん好きになっていった機体です


続いて、ちょっと残念なナタクさん…
HGWEW 5 前
HGWEW 5 横HGWEW 5 後
4番目に製作したのがナタク、理由はウイングのライバル機だから
本来はドラゴンハング接続パーツがあるのですが…、パーツ取りのために消失
接続パーツは青で塗装していて、その色が気にいらなかったというのもあります

グリーンは青竹色というのを使っていてます
胸部などの明るいグリーンには蛍光グリーンを加えて調色
赤部分はレッド→クリアレッドの重ね塗り
また、ビームトライデントは下地の蛍光グリーンを溶かしながらクリアイエローを重ねています

HGWEW 5 ポーズ1HGWEW 5 ポーズ2
せっかくなので手で持たせて雰囲気だけでも
ジョイントパーツ…、あるといろいろ出来て楽しいんですがね


HGWEW 1 前
HGWEW 1 横HGWEW 1 後
最後に製作したのがウイングゼロ、まぁ主人公機ですから

ほとんど設定と色を変えずに、まっとうに勝負しました
基本的にキット付属の説明書通りに調色しています
翼だけはホワイトにクリアレッドを足して調色(もうちょっと淡い色合いにするつもりだったんですがね)
サンドロックと同様に翼は数年後にクリアカラーでコートしています

ちなみにバスターライフルは遊んでいるうちにいろいろと壊してしまい、ツイン形態限定に

HGWEW 1 ポーズ3
大気圏突入モード
翼の可動が良く、いい感じに表情が付きます
また、翼は軟質素材で出来ていて、お湯で曲げることができます
確か…、先の方は少し曲げた様な覚えが

HGWEW 1 ポーズ1
ビームサーベルが2本付属
もとい5機の内ビームサーベルを持っているのはウイングだけ
羽根と同じ軟質素材です

ちなみに、今更ですがこのシリーズのハンドパーツはPE素材で、
機体によっては塗装が剥げて悲惨なことになっています
ウイングのみ、Mr.メタルプライマーで下地を整えてから再塗装しています

HGWEW 1 ポーズ2
ツインバスターライフル発射形態「ラストシューティング」
このために胴体アクションパーツが付属


そんなこんなで過去作、コロニーの戦士たちでした
中学時代にジージェネFやってウイングにドはまりし、ビデオ全巻レンタルし、
アニメ見ながら勢いで5機完成させた思い出のシリーズです(とはいえ1年以上かかった様な)

合わせ目消しはHG「ガンダムmkII」(HG“UC”じゃないやつ)の説明書でその存在を知り、
100円のカッターと目の読み方も解らないヤスリでひたすらわしゃわしゃ
塗装は薄め液の存在も知らずに瓶に直接筆を突っ込んでやっていました
ちなみに塗装皿も調色スティックもなかったので、使用前にはひたすら振ってました(笑)
塗料買ってきて中身ドロドロだったときは模型屋に殺意わいたもんです;

せめて薄め液の存在を知っていれば…、デザインナイフの存在を知っていれば…
このときの苦い経験が「改造・塗装テクニック紹介」のきっかけになっている様な気もします
このブログが誰かの「プラモつくるよ!」という気持ちを後押し出来るように努力していきたいと思います
(作文んん!?)


あの時の自分にオススメの記事一覧(道具代に1000円かからない系でまとめてみました)
00基本製作記「仮組み編」
00基本製作記「ゲート処理編」
00基本製作記「合わせ目消し編」
00基本製作記「筆塗り編」
00基本製作記「スミ入れ編」
炎鳳製作記「シールマスキング」
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/05/28 00:00 ] 過去作 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL