スサノオ製作記「GNドライブ可動追加」 このエントリーをはてなブックマークに追加

スサノオ製作第4弾、今回はGNドライブ基部の可動を追加します

キットのスサノオは劇中と比べて可動が狭く、マスラオやダブルオーと比較しても物足りない…
というわけで、設定とはちょっと違う仕組みになってしまいますが、可動を追加します
スサノオ 工作4 トップ
画像はちょっとネタバレ



スサノオ 工作4 パイプ1
今回使用するのはこちらのフレキシブルパイプ大
プラ素材で加工しやすいのが特徴です

スサノオ 工作4 パイプ2
股関節のパーツにプラセメントで接着します
事前に接着面を少し平らにしておくと接着しやすいです

続いてドライブ基部の加工
スサノオ 工作4 パイプ3スサノオ 工作4 パイプ4
一体となっている基部を半分に分割します
後で調整できるので、この時点での加工はラフで大丈夫です
今回はニッパーで切り落としています

スサノオ 工作4 パイプ5
要らない部分を削り、左右同じ形状にします
(ちなみにちょっと失敗して必要な部分も削ってしまっています)

スサノオ 工作4 パイプ6
ピンを取り付ける位置を決め、しるしをつけておきます
“全体に2mmのクリアランスがある位置”、ですがほぼ勘です(笑)

スサノオ 工作4 パイプ7スサノオ 工作4 パイプ8
2mmの穴あけをし、ピンを取り付け(プラセメント流し込み)、
プラ板を上部に接着し補強します
画像では0.3mmのプラ板を使用していますが、強度が足りずさらに積層で補強しました
(なので0.5mm以上のプラ板を使用した方が手っ取り早いですね)

スサノオ 工作4 パイプ9
さらに1mmのプラ板を使ってなんやかんや補強します
可動域を確保しながらの補強なのでちょっとやっかいですね
ピンも少し削って緩くしたりしています

スサノオ 工作4 パイプ10
最終形はだいたいこんな感じ

軸のボールジョイント化に伴い、もともとボールジョイントであった中間部分は十字タイプに変更
接続穴を2mmに拡張、2mmのプラ棒を接続
受け側は4mmに拡張し、Tジョイントのダボを接着
やってることはシンプルなんですが、細かな微調整を行いながらになります

続いてGNドライブのボールジョイント部分をちょっとだけ
スサノオ 工作4 軸1
元の3mmのプラ軸を切り取り、逆に3mmの穴を開けます
このときついでにパーティングラインの処理などをしておくと作業が楽です

スサノオ 工作4 軸2スサノオ 工作4 軸3
5mmのプラパイプを切り出します
切り出す長さはだいたい3mmくらいですが、割と適当で最終的に3mm弱になっています
また、切り出す前にエッジを落としておくと加工が楽です

スサノオ 工作4 軸4スサノオ 工作4 軸5
組むとこんな感じ
軸を裏表逆に取り付けることで可動範囲を広げています

スサノオ 工作4 軸6
基部とドライブとのクリアランスを確保することで可動を円滑にしています

スサノオ 工作4 可動1
軸の裏面には丸モールドを接着しています
補強の意味合いが強いので、プラ板でもなんでもいいです

スサノオ 工作4 可動4
マスラオ同様にモモの前までドライブを可動させることができるようになり、
可動範囲が大きく広がりました

スサノオ 工作4 可動3
上下にも可動が広がり、肩の辺りまで持って行くことができます

GNドライブの可動追加部分は以上です
ここまで4編にわたってスサノオを加工してきましたが、“スサノオ”としての改造は以上になります

ここからはオリジナル要素になります
色々といじっているうちにどうしても追加したいパーツが出てきたので、
ガリガリスクラッチしていきます

次回
腕形状変更
「ブシドー、さらなる極みへ」

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/05/13 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL