天玉鎧炎鳳製作記「追加パーツ+」 このエントリーをはてなブックマークに追加

しばし間を空けてしまいましたが、炎鳳製作再開
ブレイヴ製作後に箱を開けてみたらほとんど完成していたので…(汗
改造編はこれで最後になります
エンオウ 追加 トップ



ではさっそく、トップ画像のジョイントから
エンオウ 追加 トップ(再掲載)
プラ板で厚みを調整しながら、接続部分に合わせてしるしをつけておきます

そこからニッパー、ナイフ、コーンカッターやらなんやらで削りまして、
エンオウ 追加 パーツ1
1時間後には画像の状態に
ほとんど彫刻です

本来は「ああやって、こうやって」っつー、過程を紹介しようと考えていましたが、
どうもこうもなく「彫ります」(汗

エンオウ 追加 パーツ2
仕上げはサフ工作で(サフ工作についてはこちら

エンオウ 追加 パーツ3
取りつけるとこんな感じ
そう違和感のない仕上がりだと思います

エンオウ 追加 パーツ4
こちらのパーツ、覇鳳翼を取り付ける際の延長パーツにもなります
壽屋のTジョイントのピンを落とし、半分に切ることでポリキャップのダボになります

エンオウ 追加 パーツ5
紅蓮装さんに取りつけると、横幅が広がってよりアニメのイメージに近づきます
ちなみにその紅蓮装さんの翼はまた塗装して作ります

続いてはその他をまとめて紹介

エンオウ 追加 Bパーツ1
こんなパーツも作りました
使用したのは壽屋のダクトノズル(3)
3mmのプラ角棒と1mmのプラ板を組み合わせて“のりしろ”を作ります
接着は流し込みのプラセメントで

エンオウ 追加 Bパーツ2
取りつけるとこんな感じに
1mmのプラ板は見えない程度で適当に切りだしていますが、
3mmの角棒は角を落としてより自然に

ほとんど見えないんですが…、ないよりはいいかな

エンオウ 追加 後ハメ1
炎鳳本体(?)は後ハメ加工
青パーツの部分を切り出し分割、白パーツの穴を削り、
ジョイント、可動パーツをスライドして取り付けられるように
サイドをカバーとすることで安定化します

エンオウ 追加 後ハメ2
龍の首部分も後ハメ
ポリキャップにスライドでを取り付けられるように
最終的な接着は黒い瞬間接着剤で行う予定です

エンオウ 追加 後ハメ3
結果としてこちらも塗り分けられるように
ポリエステルパテで肉抜き穴を埋めています

エンオウ 追加 埋め1
こちらは軽量エポキシパテで埋めて、ポリパテで仕上げ埋め
出来る限り軽くなるように意識しています
他にもランナーで埋めたりして軽くする方法もあります

スジボリは最小限に、また一部を削り、より平面に見えるように加工
裏面は「表面と同じ様に見せる」というより、「裏面を裏らしく見える」ようにしています

エンオウ 追加 埋め2
足の付け根の部分は0.5mmのプラ板でふさいでいます
隙間は黒い瞬間接着剤で修正

肉抜き埋め関連についての詳しい話はこちらで

エンオウ 追加 目1エンオウ 追加 目2
曹操のアイパーツは後ろのダボを切り取って、後ハメ化
せっかくですので目のパーツを追加しようと思います
塗装編でも紹介しますのでこうご期待


…っと、いうわけ改造編は以上です
ほとんど残す作業は仕上げだけ…っといった感じだったのですが、
なんとなく手が止まってしまっていたので(汗

塗装編はさらさらっと進めていきます
曹操の塗装編がえらいてきとーだったので…
ほぼ同一カラーのこちらで少し詳しく紹介していく予定です

次回を待て!


関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/04/28 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL