HGOO「アヘッド」素組みレビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

少々、場つなぎ的ですがレビュー
HG00シリーズよりアロウズの象徴的MSアヘッドをレビューです

型式番号:GNX-704T、型式番号からもわかる通り、ジンクスから発展した機体
その性能は第三世代ガンダム(1stシーズン)を上回るといわれている

写真を撮ったのはジンクスと同時期くらいなんですが、
編集するのを忘れていたので(汗
アヘッド 素組み トップ



アヘッド 素組み 1
アヘッド 素組み 2アヘッド 素組み 3
パーツはA、B、Cランナー+PE(ポリキャップ)の構成
頭部センサーと胸部はクリアパーツで再現しています
シールは目と、胸部、肩のオレンジ部分に付属(今回は貼っていません)

シンプルな構成ですが非常に広い可動範囲を誇ります
安定感を含めるとダブルオー以上かもしれません

合わせ目は肩、腕、太ももと頭、比較的、数は多め
ですが、もともとモールドの少ないシンプルなデザインですので、
処理によってパネルラインとしても面白いです

ピンやダボがデカめ、仮組み加工をする際には少々苦労します
なお、ゲートもややでかいです

アヘッド 素組み ジンクス1
ジンクスと比較するとかなりマッシブ
ビームサーベルを共有したりも出来ます

アヘッド 素組み ポーズ1
大柄ながら、肩関節や股関節の可動によってはスマートにも見えます
プラモの商品画像ではこういうポーズが多いですね

アヘッド 素組み ライフル1
ライフル装備
両手持ちもいけます

アヘッド 素組み ライフル2
砲身とコンデンサーを外してサブマシンガン
…画像ではコンデンサーを外すのを忘れていました(汗

アヘッド 素組み ライフル3
モモにマウントもできます

アヘッド 素組み サーベル1
ビームサーベル2本付属
真っ白ですが;
なんとなく格闘戦のイメージがあります

アヘッド 素組み AM1
腰には差し替えでオートマトンコンテナが装備できます

アヘッド 素組み AM2
オートマトンも2機付属
作りも細かくていい感じ

アヘッド 素組み ラスト
アヘッドレビューでした

2ndシーズン1話で、エクシアを圧倒したりと、
なんとなく強い印象のある量産機

正直、組んでみるまであまり好きな機体ではなかったのですが…
ティエレン+ジンクスの意匠が随所にあって、00世界のMS開発の流れが見えていいですね
ティエレンあるいはジンクスが好きな方は組んでみるときっと気に入ると思います

関連記事
[ 2012/04/29 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL