RG1/144「エールストライクガンダム」素組みレビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

少々、今更ではありますが…、
RG1/144「エールストライクガンダム」素組みレビューです

型式番号GAT-105(AQM/E-X01)、GAT-Xシリーズ5機の内、最後に完成した機体
他の4機の技術的フィードバックを受けており、より洗練さたMSとなっています

ちなみにエール(Aile)はフランス語で「翼」の意味
yell(応援)じゃないよ;
RGS レビュー トップ
素組みですが製作過程も上げていますのでこちらから



まずは素ストライク
RGS レビュー 素1
RGS レビュー 素2RGS レビュー 素3
立ち姿が美しいのは主役機全般にいえるか

可動については「ぬるぬる動く」ってのがなんともしっくりきます
“ぬるぬる”って感じでいまいち“カチッ”っとは安定しません(撮影には苦労しました…)
どちらかというと動かして遊ぶ感じでしょうか?
可動そのものに関してはさすがで、人間に出来ることは全て出来ます

RGS レビュー 素4
素組みでありながらこれだけのアップに耐えられるのはRGならでは
口元の“ヘ”の字は、溝ではなく穴です
よく見るとやや裏の赤い部分が見えます

RGS レビュー 素5
1/144キラ・ヤマト
1/144スケールで髪の毛のくせ、目元のくぼみまで再現されています
このスケールの人間は割とレア

RGS レビュー 素6
腕、モモなど、MSジョイントにはスライド機構があり、稼働させることでフレームをのぞかせます
(…ポーズに深い意味はありません)

RGS レビュー ナイフ1
ナイフ、アーマーシュナイダーは腰のスカートアーマーに格納されています
可変、可動はプラ
とはいえこういうギミックはうれしい

RGS レビュー ナイフ2RGS レビュー ナイフ3
ライフルやサーベルと違って、接続ピンはありませんが、保持、可動には問題なし

続いてエールユニット接続
RGS レビュー エール1
RGS レビュー エール2RGS レビュー エール3
ギリギリですがエールユニットを接続しても素立ち可能です

なお、シールはアイパーツとエールユニットのバーニアにのみ貼っています

RGS レビュー エール4
もちろんポージングにも問題なし

RGS レビュー エール5
アクションベース接続用のジョイントパーツが存在します
MSジョイントにカチッとはめ込む仕組みで、少々MSジョイントを傷付けがち

RGS レビュー ポーズ1RGS レビュー ポーズ2
エールストライクはやはり空中が似合いますね

RGS レビュー ポーズ3
ライフルは両手持ち可能
両手持ち可能なプラモは数あれど、ここまで狙いを定められる物は少ないでしょう

RGS レビュー ポーズ4
ビームサーベル装備
ライフル、サーベル持ち手には接続ピンがあり、保持は非常に安定しています
抜刀ポーズも余裕でこなします

RGS レビュー ポーズ5
もちろんサーベル刃は2つ付属します

RGS レビュー ジョイント1
売りであるアドバンスドMSジョイント(+ABSパーツ)
こちらにシールド接続用パーツを加えたものが、全てのABS、PPパーツになります
つまり塗装できないパーツはほぼ画像のパーツのみです

なお、ジョイントのように見えますが肘、膝関節はプラパーツで覆われています
見える部分のほとんどは塗装可能です

RGS レビュー ジョイント2
エールユニットのABSパーツは画像の4パーツのみ
本体と比較するとシンプルですが、申し分ない可動です

RGS レビュー ラスト
RGエールストライクでした

製作過程はなんとなく記録していたのですが、完成写真は撮るのを忘れていたので(汗
少々場つなぎ的になりますがここで紹介

次回
スカイグラスパーレビュー

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/04/26 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL