スサノオ製作記「肩可動追加」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレイヴも完成した所で、スサノオの製作に戻ります
今回は肩周り、可動の追加と、形状変更も行います
ではさらさらっと進めていきます
スサノオ 工作3 トップ



まずはジョイントパーツを作ります
今回使用するのはwaveの「BJ-03プラサポ」(ボール径3mm、軸径2mmのプラパーツ)
スサノオ 工作3 ジョイント1
まず使うのは画像の赤マル部分のパーツ

もう一つは同じくwaveの「PC-02」(穴内径2mm、軸径2mmのポリキャップパーツ)
スサノオ 工作3 ジョイント2
いくつか種類がありますがありますが、使うのは画像のパーツ

スサノオ 工作3 ジョイント3
こんな感じで組み合わせて使います
ですが、本来BJ-03用のプラサポなので微妙にサイズが合いません

ですので、
スサノオ 工作3 ジョイント4スサノオ 工作3 ジョイント5
少々雑ですが、ニッパーで切り取って調整します
合いさえすればいいので問題ないです
細かな調整、平面化はヤスリで

スサノオ 工作3 ジョイント6
合わせてみて、中心となる部分に油性ペンでしるしをつけます

スサノオ 工作3 ジョイント7スサノオ 工作3 ジョイント8
しるしにしたがって、モーターツール(ビット)で半円を作ります
合わせたときに3mm強の穴が出来ればOKです
何に使うのかは追々…

スサノオ 工作3 ジョイント9
流し込みタイプのプラセメントで接着します
PC-02を入れるのを忘れずに

スサノオ 工作3 ジョイント10
続いて幅4mmの0.5mmプラ板を用意します
この“4mm”というのがBJ-02の幅です

スサノオ 工作3 ジョイント11
先ほどのパーツに、補強としてプラセメントで接着します

スサノオ 工作3 ジョイント12
ジョイントの完成形はこんな感じに
プラサポの形状は接着前に加工しておきましょう
はみ出るPCの軸は、完成後に切り取ると楽です

続いては腕側を加工
スサノオ 工作3 腕1
こちらのパーツを加工していきます

スサノオ 工作3 腕2スサノオ 工作3 腕4
デザインナイフで切り落とします
ナイフで切るには少々大きいのですが、ギリギリ切れる大きさです
ピンの方は使わないので、多少荒っぽいやり方でも問題ないです

スサノオ 工作3 腕4スサノオ 工作3 腕5
腕の部分はヤスリ掛けで平面化しておきます

スサノオ 工作3 腕6
腕を組みたてると、中のポリキャップが露出します
先ほどジョイントに空けた穴はこのポリキャップの受けになります
また、軸があることで位置合わせも楽に出来ます

スサノオ 工作3 腕7
接着は腕の軸と可動軸が平行になるようにします
腕のポリキャップごと接着しかねないので、まずは仮止めしてから本接着します

続いては肩の装甲側を加工
スサノオ 工作3 プレ1
こちらのパーツを加工していきます
まずは、接続パーツを仕込む前の事前加工をしておきます

スサノオ 工作3 プレ2
必要のなくなったボールジョイントの受けを、のこぎりで切ります
多少周りに傷がつても問題ありません

スサノオ 工作3 プレ3
装甲の厚みと同じくらいには受けを残しておきます
こちらが接続パーツの“のりしろ”になります

スサノオ 工作3 プレ4
つづいてはシャープ化

スサノオ 工作3 プレ5スサノオ 工作3 プレ6
サイドの直線部分をヤスリ掛けして、

スサノオ 工作3 プレ7
装甲をとがらせます
この加工には小型化する意味合いもあります

次に加工するのはトライパニッシャーの基部
スサノオ 工作3 プレ8スサノオ 工作3 プレ9
基部と装甲をつなぐ部分を、ニッパーで切って細くします
こちらは事前加工の事前加工になります(汗

スサノオ 工作3 プレ10スサノオ 工作3 プレ11
モーターツール(カッター)を使って、装甲の厚みを落としていきます
直線的な部分にはナイフでも可能ですが、曲面には少々限界があります

先ほどの基部の加工はこちらの加工のためのものです

スサノオ 工作3 プレ12
装甲裏が直線になることを目安にして、確認しておきます

では可動追加加工に戻ります
スサノオ 工作3 接続1
プラサポのこちらのパーツを使います

スサノオ 工作3 接続2
事前に、プラサポを左の状態に加工しておきます

スサノオ 工作3 接続3
組み合わせるのはwaveのBJ-03(ボール径3mm、軸径2mm、内径2mmのPC)
もともとプラサポはBJ-03用のものなので、相性は良いです

スサノオ 工作3 接続4スサノオ 工作3 接続5
先ほど残しておいた受けを加工します
上下を残して、デザインナイフで切り落とします

スサノオ 工作3 接続6
接続パーツと合わせるとこんな感じ
だいたい受けの幅とぴったりです(…“だいたい”ですが(汗)

スサノオ 工作3 接続7
左右の比較をしながら、ずれのないように接着します
仮止めはプラセメントで、硬化後に右の様に黒瞬着で補強します

続いては、肩の形状変更
スサノオ 工作3 形状1
装甲の角をモーターツール(カッター)で落としてきます
こちらはヤスリやナイフでもいけます

スサノオ 工作3 形状2
こちらのトゲの部分は少々特殊な加工をします

スサノオ 工作3 形状3スサノオ 工作3 形状4
トゲに沿ってナイフを入れ、横から切って整えます

スサノオ 工作3 形状5
自然に、なめらかになるように整えます

スサノオ 工作3 形状6
モーターツールやナイフでの荒削りでこのくらいに

スサノオ 工作3 形状7
仕上げはヤスリで行います

スサノオ 工作3 形状8スサノオ 工作3 形状9
なめらかな曲面に仕上げます。左右との見比べを忘れないように

最後は腕と肩を繋ぐ軸を作ります
スサノオ 工作3 軸1
プラサポのボール軸パーツを使います

スサノオ 工作3 軸2
こちらはただ長さ調節するだけです


スサノオ 工作3 ラスト1スサノオ 工作3 ラスト2
取りつけるとこんな感じ
…実は元の接続よりかなり大きくなっています(汗
ですが、3重可動により密着させることができ、小型に見せることができます

スサノオ 工作3 ラスト3スサノオ 工作3 ラスト4
普段は密着させ、トライパニッシャー展開時には外に開くギミック
…想定外ですが気にいっています(笑)

スサノオ 工作3 ラスト5
3重可動により、こんな風に腕を隠すような肩の動きも可能です
より絵的、アニメ的な動きが出来るギミックです


スサノオ 工作3 ラスト6
肩周りの加工は以上です
もしかしたら接続部分をもう少しいじるかもしれませんが、それはまたの機会に

もともとは真っ直ぐ腕を上げることが出来なかったので、
すんなり上げられるように接続部を小型にするつもりだったのですが…
気が付いたらこんな複雑な接続に

接続パーツと元のパーツの両方を調節しなければならないので、非常に解説が難しいです
このページに限った事ではないのですが、わかりにくい部分は遠慮なく質問して下さい

次回
ドライブ可動追加

「設定と可動の狭間で」

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/04/25 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL