ブレイヴ製作記「仕上げ」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレイヴ製作記、仕上げ、兼、総括です
一部、改造的要素も含みますが、だいたいは塗装ですので、カテゴリは塗装編で
ではさらさらっと
ブレイヴ 塗装4 股間1
折れたうえ、修復に失敗した股間、まずは失敗のフォローから紹介します


表紙の通り、割れてしまったのは足だけじゃなかったんです
ドライブラシ前にいじっていたらパカッといきました

っとそこまではまだしも、接着の際に接着剤が流れ出してしまい、
塗料を溶かし、指紋をつけてしまいました

半ばやっつけですがフォローの過程を紹介
ブレイブ 塗装4 股間2
まずは指紋を取るために1000番でヤスリ
色を落とす、というよりも段差をなくします

ブレイブ 塗装4 股間3
シルバーを塗って傷口を塗装します
冷静に考えると、傷口に塩を塗り込むようなもんなのでかなりリスキーです

ブレイブ 塗装4 股間4
エナメルフラットブラックを綿棒に含ませポンポンと
…ダメージ表現のつもりです

“塗装後にパーツを削り、削った部分を塗装する”というダメージ表現法があったのを思い出し…
「あぁもうそれでいいや」と、こうなってしまいました(汗
さすがにシルバーだと目立ち過ぎなんで、グレーならもう少し自然だったかもしれません

今回割れてしまったパーツは…
足首接続部分(瞬間接着剤で修復)
スネアーマー(流し込み接着剤で接着)
腰接続部、黒パーツ(放置;)
右手ハンドパーツ(瞬間接着剤で接着、サーベル保持不可に)
頭黒パーツ(放置;)
GNドライブ基部×2(黒い瞬間接着剤で接着)
ドレイクハウリング展開部分(瞬間接着剤で接着、調整)
…っとまぁ多々あります(汗

そのままの部分もありますが、組んでみるとさほど違和感はなく、
自然と歴戦の勇者みたいになってました(笑)


続いては本組み部分
ブレイブ 塗装4 足1ブレイブ 塗装4 足2
スネ裏のコンデンサーは塗装部分を削ってプラセメントで接着
その他では、
GNドライブのバインダーは黒い瞬間接着剤で接着
モモの関節は瞬間接着剤で接着
スネアーマー下部も密着させるために接着しています

最後は塗装部分について(Mr.カラー=Mr.、ガイアカラー=Gaと略)
ブレイブ 塗装4 頭1
シールは顔のクリアパーツ裏にのみ使用しています
クリアパーツはちょっとこだわりの塗装
1.裏面からGa蛍光イエローを塗装、乾燥後マスキング
2.アイセンサーフレーム部分をアイアングレー(本体黒)で塗装
3.アイセンサーをGaExシルバーで塗装
4.センサーレンズをエナメルクリアレッドで塗装
5.表面をスーパークリアーでコート
6.アイセンサーフレーム部分をエナメルフラットブラックで塗装(不要部分を拭き取り
裏面の蛍光イエローは発光パターンを強調するために塗装しています
効果のほどは次回をお楽しみに

続いても塗装
ブレイブ 塗装4 サーベル1
サーベル刃は少々複雑な塗装をしています
Mr.クールホワイト→Mr.蛍光レッド→Ga蛍光イエロー→Ga蛍光レッド→Mr.スーパークリアー
複雑ではありますが、どちらかというと納得がいかず何度も再塗装した感じです
ビームサーベルの表現は毎回悩みどころですが、毎回違った方法で満足してます(笑)


ブレイブ 塗装4 ABS1
ちなみに塗装していないパーツはこちら
逆にいうとABSでも画像以外の部分は塗装しています

bra_p4_t1.jpg
ABS部分はプラとは少し違う塗装をしていて、
1.サフを吹かずにアイアングレー(つや消しブラック少々)を筆塗り
2.ウォッシングなしでドライブラシ
3.プラと同様につや消しコート
という手順で塗装しています
周りとの違和感を感じさせない程度で最小限の塗装をしています
ちなみに割れたパーツはありません(ウォッシングめ…)


今回コートには、上記クリアパーツ、サーベルにはMr.スーパークリアー(スプレー)
本体にはGaExフラットクリアーを使用しています
以前「フラットベースでつやにメリハリを…」っと講釈垂れていましたが、
フラットクリアーには安定したつやをだせる、というメリットもあります
どちらも良し悪しです


ブレイヴ 塗装4 ラスト
ブレイヴ製作終了です

ウォッシングに何かと苦しめれた製作でしたが…
なんとか完成までこぎつけました

「改造・塗装テクニック紹介」と銘打っておきながら、
こうも失敗の多い製作記を載せていいものかとも思いますが…
これもウチの売りみたいなもんだと考えてください

次回
完成

「終わりよければ全てよし」

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/04/21 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL