ブレイヴ製作記「基本塗装」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレイヴ製作記、続きましては塗装編
今回はエアブラシによる基本塗装、以後の下地となります
基本的にはただ塗るだけなのですが…
ちょこっと特殊なテクニックも使用しましたので紹介
ブレイヴ 塗装1 トップ
↑何気に今回紹介する全てがつまった画像です



今回使用するカラーはこちら
00 下地 調色2画像
左、メタリックグレー:Mr.カラーシルバー+Mr.カラーブラック+Mr.カラーホワイト(1:1:1)
右、メタリックブラック:Mr.カラー国鉄+Mr.カラーブラック+Mr.カラーホワイト(2:1:1)
以前、00に使用したカラーです
気に入っている色だったので、今回は本体色として再使用
白部分にはベースホワイトを使用しています
本来はつや消しホワイトが良かったのですが、手元になかったので…あしからず


今回はキット付属のシールを利用したマスキング法を紹介
(ちなみに基本的なマスキング法についてはこちら)
ではその実作業へ
ブレイブ 塗装1 白1
まずは事前に白(ベースホワイト)を塗装しておきます

ブレイブ 塗装1 白2
次にカッターマットにマスキングテープを貼り、その上にキット付属のシールを貼ります

ブレイブ 塗装1 白3ブレイブ 塗装1 白4
シールに沿ってデザインナイフで切り出して…

ブレイブ 塗装1 白5
ぺたりと
この方法のメリットはパーツに直接ナイフを入れずに済むことです
刃を入れないことで失敗のリスクを軽減することができます
多少、複雑な形状であっても対応します


ブレイブ 塗装1 黒1
続いてはこちらのスネパーツ
同じ要領で事前にメタリックブラックを塗装しておきます
ちなみに白部分はMr.カラークールホワイトを筆塗り

ブレイブ 塗装1 黒2ブレイブ 塗装1 黒3
同様に貼って、切り出し…

ブレイブ 塗装1 黒4
ぺたっと
こういった奥まった部分には刃が入れにくいので、
シールを利用したマスキングが特に有効です


ブレイブ 塗装1 小1
ある程度、小さくとも対応します
ただし、良くも悪くもではあるのですが、
マスキングテープの上に貼ったシールは剥がれやすいので注意しましょう


ブレイヴ 塗装1 ラスト
そんなこんなでブレイヴの基本塗装が完了です
前回からいっていますがカラーリングのイメージは戦闘機です
まぁ水色部分がグレーになっただけですが(汗

ここからエナメル塗料で塗装して仕上げていきます
その効果がわかりやすいように、白黒でカラーリングしている意味合いもあります

では
次回
ウォッシング塗装

「エナメル塗装のレベルアップを目指して」

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/04/16 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL