RG1/144「エールストライクガンダム」製作レポート このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は今までの製作記とは志向を変えて、
RG1/144エールストライクガンダムを特に改造もなく組み立てます
RG(リアルグレード)シリーズが発売されて久しいですが、
「難しくないの?」「改造とかできるの?」と手を出せずにいる方も多いと思いますので…
つくる人なりの視点で、説明書通りに組み上げていきます
RGS 製作1 トップ
RGエールストライクガンダムパッケージ。箱にも他のシリーズにはない高級感があります



RGS 製作1 説明1
説明書はMGと同じ様なブックレット型。箱ともども高級感があります
目につくのはパーツならびにシールの細かさと多さですね

RGS 製作1 説明2
パーツは小さいですが数は同値段のMGと同じくらい
「アドバンスドMSジョイント」が売りなだけあってポリキャップなしの構成です
ちなみにランナーは白3色、黒2色、赤2色、青と黄色は1色ずつと
非常に細かい色分けになっています

RGS 製作1 説明3
最大の特徴といえるアドバンスドMSジョイントとABSランナー
意外にもABSパーツは画像のもの1つのみです
アドバンスドMSジョイントはABSとポリプロピレン(PP)という素材で出来ています
PPはABSよりも柔らかく、ポリキャップ(ポリエチレン)よりは硬いくらいの素材で、
ヤスリがけには少々不向き
ゲート処理にはデザインナイフが有効です

RGS 製作1 説明4
一部のピンにはマイナスモールドがあるものもあります
このようなモールドがなくても、ピンが色分けに使用されている部分があるので、
仮組みの際のカットは避けた方が無難
仮組みする場合にはピンバイスによる開口を

RGS 製作1 説明5
もう一つの特徴とも言えるシール、「リアリスティックデカール」の量
貼っても貼らなくてもいいのでそこら辺はお好みで
デカールは普通のシールよりも薄くなっています

では実製作へと移ります
RGS 製作1 足1
画像はフット部分のフレーム
MSジョイントのABS部分のゲートはすでにカットされていて、ゲート跡が残っています
…なんだかなぁ(汗

RGS 製作1 足2
MSジョイントの一部にはランナーに繋がっていないゲートもあります

RGS 製作1 足3
ニッパーが入りにくいのでデザインナイフで処理します

RGS 製作1 足4
説明書の作り方としては、切り出したフレームをくるくる、カチカチ動かしながら組んでいきます
パーツが細かく、どこのパーツだかわかりにくい物もあるので、いわれた通りにくるくるします

RGS 製作1 足5
まずフレーム部分を作ってから装甲部分を取り付けていく組み立て方
外装を着脱して遊ぶことを前提としているのか、装甲は取り外ししやすくなっています
やや“外れやすい”と感じることもあります

RGS 製作1 足6
そんなこんなで両足が完成です

RGS 製作1 足7
完成後、試験“可動”します
フレームは一部独特なスライド機構などもあるので、どこがどう動くかをここで確認しましょう
逆に製作途中で動かしてしまうと組みにくくなってしまうので…、ここまでじっと我慢します

RGS 製作1 腰1
前述のインナーゲートが多々ある腰パーツ
忘れないように説明書をしっかりと見ながら処理していきます

続いてアームパーツへ
RGS 製作1 腕1
腕のMSジョイントは手から肩まで一対で成形されています
手と肩のパーツは一度外してからアームパーツを組んでいきます

組む流れは足と同じ様な感じ

RGS 製作1 腕2
アームパーツも試験可動します
改めて白の色分けの細かさを実感します

RGS 製作1 腕3
ちょいと気が早いですがハンドパーツはこんな感じ

RGS 製作1 腕4
人差し指、親指の第二関節、小指から中指は一体で同じく第二関節で可動
ほぼMGクオリティで、手首部分の可動がうれしいところ

平手、握り手も付属しますが、こちらのハンドパーツだけでもだいたい再現可能です

続いてはヘッドパーツ
RGS 製作1 頭1
アイパーツはクリアパーツ
目と黒ぶち部分が別れたシールもあるのですが、今回は普通のものを使用

RGS 製作1 頭2
サイズの割にゲートが多いの処理は大変
場合によっては押し切る様なゲート処理が有効だったりします

RGS 製作1 頭3
ヘッドパーツは1/144スケールとは思えないパーツ分割、パーツ数を誇ります
そのぶん色分けは完璧
改めてシールのメタリックカラーがいい感じ

RGS 製作1 頭4
そんなこんなで完成です

説明書は足→腰→腕→ボディ→頭と組み上げていく流れになっています
こういう流れだと組むのが楽しいです

RGS 製作1 武器1
ライフルには可動式の接続ピンがあります
プラ素材なので可動、接続は少々不安になります

RGS 製作1 武器2
装備するとこんな感じ
保持力と安定感はさすがに見事

RGS 製作1 武器3
サーベルの持ち手はマウント用2つと保持用2つで、計4つあります
しかしながら“つか”の部分は2つだけ。…なんでや(汗

エールストライカーには特にMSジョイントの様な特殊なパーツはなく、
小さなMGという印象

その中でも少々面倒そうなシールの扱いについて
RGS 製作1 シール1
シールの取りだしは割と難儀なので
使う番号ごとに切りだして取りだします
画像ではデザインナイフを使っていますが、
シール部分が滑ってしまうことがありますのでハサミの方がお勧め

RGS 製作1 シール2
くにっと曲げて
RGS 製作1 シール3
飛び出したところをピンセットで取りだします
指で取るのサイズ的にほぼ不可能かと…

RGS 製作1 シール4
バーニア(?)にピタッと
サイズの小ささもそうですが貼る部分も奥まっていたりと大変です

RGS 製作1 シール5
最後はつまようじでくるくるっと押さえます
メタルシールは後が残り易いので、あまり強くは押さえ過ぎないようにします

RGS 製作1 シール6
最終的にはこんな感じ
メタリック感はいい感じですが塗った方が楽なんじゃないかと思えるほどのめんどくささ
まぁ選べることはいいことだ(笑)

RGS 製作1 シール7
余ったシールは失くさないようにマスキングテープで説明書にでも貼り付けておきましょう

RGS 製作1 比較
エールユニットを取り付けて旧HGエールストライクとの比較
バンダイ10年の進化を感じます
改めて見るとデザインから大きく見直されているのだなと

RGS 製作1 ラスト
エールユニットが乗るとバランスはやや危ういのですが
可動域が広いので安定感はまずまず

改めてRGについて…
Q.難易度はどんなもん?
MGがそのままスケールダウンした感じで、難易度も同程度という印象
フレームが完成品なぶん作り易くもあります
パーツもそれほど細かいわけでもなく、HGにままある程度の細かさです
ただしその細かさが延々と続くので…、細かいパーツが苦手な人には辛いかもしれません

Q.改造はできる?
する必要がないくらいの完成度です
合わせ目消しが必要な部分も強いていえばライフルの一部くらいで、
ほとんどパネルラインの様になっています
HGは対象年齢8歳以上、RGは15歳以上なので、パーツはより細く、とんがっています
パーツ密度が濃いので本格的な改造をするには高難度
シャープ化をほどこす余地くらいはあります

Q.塗装は出来る?
むしろ他のHGやMGよりもやり易いんじゃないか?という気がします
パーツ分割が完璧なので後ハメやマスキングの必要がほとんどありません
ただし、MSジョイントやABSパーツに塗装できないのは言わずもがなです
そこら辺はシールが補ってくれます

その他、注意点
HGなどの同サイズのパーツと比べると、ゲートがややでかいです
基本的にゲートは目立たないところにありますし、
残るゲート跡が大きいというわけでなないのですが、
ゲートそのものが大きく、ゲート処理がやや手間となります

個人的に必要そうな道具として…
薄刃ニッパー
ここら辺は基本として
ゲートがデカかったり、奥まっていたりするので薄刃のものは必須

デザインナイフ
薄刃ニッパーでも入りにくい部分があるのでここらへんも必要そうです
PP素材のゲート処理にも有効です

精密ピンセット
リアリスティックデカールを貼るにはほぼ必須。指で貼るのは不可能なサイズです
ピンセットは先のとがったそれなりの品質のものが必要です

…っとまぁ「説明書通り組むだけ」っといってもややハードルの高いRGです
逆にいうと道具さえあれば組むだけで高い完成度を誇ります

中~上級者向けですがそれぞれの楽しみ方ができるキット
小スケールがメインなのでこういうシリーズは個人的に好きですね

次回はスカイグラスパーです

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2012/03/31 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL