HGOO「ブレイヴ指揮官用試験機」素組みレビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

フラッグ系レビューもラスト、機動戦士ガンダム00劇場版より「ブレイヴ指揮官用試験機」レビューです
“指揮官用”とは銘打ってますが、劇中でグラハム以外が搭乗することはないので実質的にグラハム専用機です
ブレイヴ 素組み トップ



素組みぃ
フラッグ 素組み 前フラッグ 素組み 後
つま先立ちの様な足の形になっているのですが、保持が良く、接地はまずまず
細身でありながらがっちりした作りで、キットとしてもデザインとしても00シリーズの完成系といった印象

パーツはA、B、Cのプラパーツ、ABS製のDパーツ、プラス台座パーツという構成
シールは主にラインに、目立つ部分ではすねの黒いライン、ライフルの白い部分は全てシールとなっています
シールは細く、貼るのは少々大変そう

合わせ目は太もも横、すね裏とひざの関節、頭部横とGNドライブ部分です
ちなみにGNドライブはABS製のパーツとなっています

ABSで塗装が必要な部分は、GNドライブ、羽、肩のGNフィールド発生装置、
こだわるならば背中と股間の関節部分もですね…、このあたりは保護のしようがないいので、むき出しにせざる得ないかと

参考までに、ABSパーツとは、
「ABS部分への塗装は破損する恐れがありますので、塗装はお勧めできません。」
と説明書に明記されているパーツで、全塗装時のちょっとした障害になるパーツです
個人的な経験では、可動部やスナップフィットの結合部などをきちんと保護しておけば塗装は可能です

ABSの合いはかなりがっちりした作り
細身でありながらポージングはしっかりと決まり、バランス良くまとまっています
ただし、肘などと比較すると肩が緩く、相対的にはずれやすいです

HGにしては、薄く、細いパーツが多いです
ABSの接続ががっちりしているので動かすのはちょっと不安だったりします

GNドライブ部分は少々工作難度が高いです
ABSとプラの組み合わせなのですが、スナップフィットがきつく、なかなか合いませんでした
バインダーを後ハメ加工するなりすれば、むしろ楽になるかな?

ブレイブ 素組み 顔1
クリアパーツの造形が細かく、センサーはもちろん、わかりにくいですがパーツ裏に発光パターンが刻まれています
作りがいいと塗装での表現方法もいい意味で迷いますね…

ブレイブ 素組み ライフル1
GNビームライフル「ドレイクハウリング」
オーバーフラッグのリニアライフルの発展型という設定です

先端のゲート跡がちょっと目立ちますね
展開部分が牙のように見えるのが気になるところ…
ライフル部分の接続は割としっかりしているので、削ってしまっても問題ないと思います
ちなみにグリップのみがABSパーツで、ほかはプラパーツとなっています

ブレイブ 素組み 剣1
GNビームサーベル装備
本来はオレンジ色のビーム刃を形成する設定ですが、特にシールもなく、白一色の成形
手の甲を外してはめ直す必要がありますが、フラッグの様にストッと落ちることはなくなりました

ブレイブ 素組み ケーブル1
頭部にはマスラオ、スサノオ同様のエネルギーケーブルが接続可能です
しかしながら、何故にドライブもコンデンサーもない頭からケーブルが?

ブレイブ 素組み コンデンサ1
コンデンサーはMS形態でも接続可能です
まぁコンデンサーが必要そうな装備はMS形態にないんですが…

ブレイブ 素組み キャノン1
GNキャノン発射イメージ
ドレイクハウリン同様に先端が展開して放つ設定ですが、キットには特にギミックはありません

その他、腕にはマシンガンが仕込まれていたり、足にはチャクラムグレネード、GNミサイルが仕込まれていたりと、
いくつかオミットされた内蔵兵器があります
というか、この細い体に武器内蔵し過ぎな気が…

ブレイブ 素組み パニッシャ1
劇中でこんな感じにトライパニッシャー放ってましたが…、静止画だと微妙ですね(汗

ブレイブ 素組み フライ1
飛行形態、ならびに本来のトライパニッシャー発射イメージ
ライフルは胸部に接続、すねとドライブ部分が接続していたりで、相変わらずの飛行形態の安定感です
ただし変形方法はかなり複雑(説明書で六工程)なもんで…
これを一瞬でがしょんと変形するあたり[OS LEIF]ハンパないっす。マジで

台座との接続用に、カチッとはさむような専用パーツが付属します
いつものように股間に穴が空いてないのはいいんですが…
パーツがかっちりしていて塗装を考えるとちょっと不安な感じ

ブレイブ 素組み フライ2
スタンドを利用してこんな角度をつけることも可能
バランスはちょっと危うい感じ(汗

ちなみにマスラオ、スサノオ、ブレイヴと、結果として同じスタンドを3つ手に入れてしまいました(汗

ブレイブ 素組み 進化1
フラッグ系、進化の比較
こう見るとブレイヴはスサノオ+フラッグ、というより、イナクト+フラッグという感じですね

フラッグがGNドライブを手に入れて組み込んでみたけどでっかくなっちゃったのがスサノオ、
そこから2年をかけて洗練されたのがブレイヴ、っと考えると、割としっくりくる気が…

フラッグ系に限らず00は一期→二期→劇場版と、作中の技術進歩がデザインの進化とリンクしていていいですね

ブレイヴ 素組み ラスト
最後はフラッグ系、もといビリーさん開発のMSそろい踏みで
フラッグ系はコンセプトの迷走っぷりも含めて好きですね(笑)
「ビリーさん頑張ったんだろうな~」ってのが感じ取れます

バンダイ的に、ABSを使用しポリキャップレスで高い完成度を目指したのが一期のキット、
ABSを使用せず新型のポリキャップで組みやすさを追求した二期、
その両方を機体に合わせて採用したのが劇場版、
といった感じで、まとめて組んでみるとリアルな技術進歩を感じることができます
良くも悪くも一期、二期はこだわったのかな?という印象


さてさて…、しばしレビューしながらプラモ作れるかな?とか思ってましたが…、どうにも移り気で(汗
次回作進んでないな…orz

(2012.04.15:追記)
製作開始!


関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2011/11/27 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(2)

22: oru (2012/01/01 20:23)

明けましておめでとうございます!
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。

お忙しいと思いますが
お体にお気をつけてプラモ製作
がんばってください

313: - 承認待ちコメント (2017/09/06 07:59)

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL