HGOO「スサノオ」素組みレビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

前回マスラオに続き、機動戦士ガンダム00よりスサノオレビューです
基本的には前回のマスラオとほぼ同様ですので、その違いを中心に考察します
スサノオ 素組み トップ



まずは素立ち
スサノオ 素組み 前スサノオ 素組み 後
パーツはA、B、Cのプラ三構成、プラス台座と二種類のポリキャップ
マスラオもそうですが、ボールジョイントを多用し、スパロボ的進化を遂げた二期らしい作りになっています
シールは胸部の白ラインと襟元のオレンジ、マスラオから追加されたガントレットの手首用の物が付属

目立つ合わせ目はマスラオ同様、すね裏、腕裏と頭、加えて追加されたガントレットです

素立ち状態でのマスラオとの最大の違いはGNドライブ接続部でしょうか
マスラオでは足の付け根に接続されていましたが、スサノオでは腰の付け根から前に持ってくる形になっています
おかげで足の前には持って来れなかったりと…、可動はちょっと物足りない感じです

また、背中には追加コンデンサが装備されています

スサノオ 素組み 剣3
強化サーベル装備
右がダリルを移植した「ウンリュウ」、左がハワードを移植した「シラヌイ」

設定上、ビームサーベルをまとわせることのできる実体剣なのですが、
後発のトランザムver.も含めて特にエフェクトパーツなどは付属しません

スサノオ 素組み 剣2
マスラオ同様GNドライブにマウントできます

スサノオ 素組み 剣1
可動はマスラオ同様
パワーケーブルの色が青に変更され、より表情が印象的に

スサノオ 素組み ガン1
ガントレット装備
設定上、強化サーベルのエネルギー逆流防止のための制御装置で、盾としても使用可能です

パーツ構成的に合わせ目が目立ちますね…
マスラオからの追加部分ですが、盾のように取り外し出来ない割には少し浮いた感じで、なんとも中途半端な印象

スサノオ 素組み チャクラ1
ビイィームゥチャクラム!
「チャクラムって何ぞ?」と日本でいうところの円月輪だそうです
マスラオ同様のクリアパーツです

スサノオ 素組み クロー1
GNドライブはクローとして展開可能
接続は全てプラで、展開にはパーツの組み換えも必要なので、なかなか不安な作り
劇中使用もないのでオミットでもいいかな(汗

スサノオ 素組み 顔1
内部にはフラッグ顔が
設定上はダリル機のオーバーフラッグが使われていることになっていますが、明らかにフラッグよりでかいです(汗

スサノオ 素組み 天1
シラヌイ、ウンリュウ連結、ソウテン装備

スサノオ 素組み 天2
特に取り回しの邪魔にはならない感じ

スサノオ 素組み トライ1
トライパニッシャー!
ブシドーらしくないといえばそうですが、スパロボっぽくて好きですね

マスラオ 素組み トライ1
ちなみにマスラオにも胸部展開ギミックはあるのですが、内部に砲身はありません

スサノオ 素組み マスラオ1
そのマスラオとの比較
上記の違いのほかに、クワガタの形状が違ったりします
ヒラタクワガタがノコギリクワガタになったような…、どちらがいいかは好みが分かれそうですね

スサノオ 素組み マスラオ2
スサノオでした

なんともいじりがいのありそうなキット
腕が太長く、すねが太短い。その他、頭がでかかったり、肩パーツが接続含めてでかかったりとなんともバランスが…
設定を考えるとこれ以上背を高くするわけにもいかないので…、太ももから足全体を調整か
頭の大きさはなんとか設定に近づけたいけど、ノープランだな(汗

カラーリングもマスラオよりもっさり見える原因かもしれません
ただ、そこはスサノオのアイデンティティですし
個人的には「フラッグ+ブシドー」なので、少しメインカラーに赤を入れたいかな

(2012.04.06:追記)
製作開始!


関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2011/11/23 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL