HGOO「グラハム専用ユニオンフラッグカスタム」素組みレビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

しばしレビュー、今更感はものすごくあるんですが…、機動戦士ガンダム00よりファーストシーズンのライバル機、
「グラハム・エーカー専用ユニオンフラッグカスタム」素組みレビューです
ハム 素組み トップ



例によって素立ちから
ハム 素組み 前ハム 素組み 後
変形の使用上、ライフルは外しちゃいけない気がするのでそのまま

足首の可動が小さく、接地はいまいち

シールは主に白いラインに使用され、目立つ部分ではディフェンスロッドの両端、襟もとなどに貼ります
また、頭部のセンサー裏にはシルバーのシールが用意されています
今回の画像では全て未使用です

ランナーはA、C、Dの3構成、Aパーツは多色成形、CパーツははABSパーツとなっており、
ポリキャップレス仕様となっています
一見真っ黒に見えますが、DパーツはAパーツよりやや明るいグレーになっています

黒パーツはゲート跡が目立ちやすいですね…
合わせ目が目立つ部分はすねや太ももの裏くらいで、処理によっては消す必要もないです

ABSをプラで包むような作りで、ABSがむき出しになる部分は腰の丸い部分と腕くらいです

参考までに、ABSパーツとは、
「ABS部分への塗装は破損する恐れがありますので、塗装はお勧めできません。」
と説明書にと明記されているパーツで、全塗装時のちょっとした障害になるパーツです
個人的な経験では、可動部やスナップフィットの結合部などをきちんと保護しておけば、塗装は可能です

ハム 素組み 羽根1ハム 素組み 羽根2
背中のウイングは折り畳み式
空母に立っているときなどはたたまれているのでしょう

膝の白パーツはハメ殺しになっています

ハム 素組み ソード1
ソニックブレイド(プラズマソード)装備
保持が緩く、特にストッパーのような物もないので、角度によってはストッと落ちてしまいます
本来は持ち手部分が黒で、ソード部分は青いのですが、白パーツのみで再現され、特にシールなども付属しません

設定上はナイフのような高周波ソードが、プラズマ流を伸展させることでプラズマ刃を形成しています

ハム 素組み ライフル2
試作新型リニアライフル装備
グラハムが左利きということでライフルは左手に装備します
肩関節が緩く外れやすかったり、グリップの保持が甘かったりと、ポージングはなかなか不安定

ハム 素組み ライフル3
両手持ちも可能です
可動はいいのでこちらの方が安定します

ハム 素組み ポーズ1
変形のため股関節が正面向きにあり、多少複雑なポージングが可能です
ウイングやディフェンスロッドが干渉してしがちですが、可動自体はまずまず

ハム 素組み ロッド1
ディフェンスロッド。敵の攻撃を予測し、角度を調整して跳弾により防ぐ盾です
「そんなん出来るんなら避けれるんじゃね?」と思いつつも、目新しくて感心したもんですが…
飛行形態時には装備されなかったり、二期ではほとんど見かけなかったりと、なんとも不遇な装備(汗

ハム 素組み 飛行1
ハム 素組み 飛行2ハム 素組み 飛行3
飛行形態
MS形態はやや不安になるバランスですが、飛行形態あは頭やライフルのロック機構があり、
しっかりした作りになっています

ハム 素組み 高速1
ハム 素組み 高速2ハム 素組み 高速3
高速飛行形態
腕を後ろに伸ばし、翼をX字に可変させることで変形します

ハム 素組み ライフル1
グラハムフラッグでした

1/144スケールで細身のデザイン、設定どおりの完全変形を再現したのは見事!
ですが直線的な部分が多く、シャープ化やエッジ出しを考えるとなかなか大変ですね

ちなみに流用キット「オーバーフラッグ」はこちらのキット+新型リニアライフルらしいです
試作のライフルも付属し、コンパチブルキット的な扱いになっています
値段は定価で210円違うので参考までに

つくる人は“グラハム”の名に惹かれてこっちを買ってしまいました(汗


関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2011/11/19 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL