BB戦士「武者號斗丸」フル可動フル装備 このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「新SD戦国伝 超機動大将軍」編の主人公、BB戦士「武者號斗丸(ムシャゴッドマル)」を紹介!
今までで一番売れたBB戦士ともいわれています

つくる人が10年ぶりくらいに作ったBB戦士です。
完成したのも数年前ですが…
號斗丸 バクネツ ポーズ



まずは軽装タイプから
號斗丸 軽装 前號斗丸 軽装 後
頭の部分は父である「烈空(レックウ)」を意識して
髪を黒く、鉢巻を赤く
父「烈空」、兄である「飛駆鳥(ビクトリー)」、飛駆鳥の息子「武威凰(ブイオウ)」に至るまで引き継がれる由緒正しき髪形です(汗

腰の辺りはなんとなくしまりがなかったので帯を黒くしました
おそらくモチーフは袴なので白が正しいんでしょうけどね…

胸に輝くのは師である「爆流(バクリュウ)」から授かった炎水の玉
シールと透明なビー玉で「號」の文字を浮かび上がらせるという、芸の細かい代物です

未塗装、分解品はこちら↓
號斗丸 パーツ

主な改造箇所は、
頭の接続をボールジョイントに変更
胴体との接続をポリキャップ化
元々は天の神具をボールジョイントでも接続するための胴体のポリキャップ化だったのですが…
途中で胴体の金パーツごと交換することにプラン変更(汗
しかしながら首が伸びることで頭の可動が広がるというラッキーな結果に

腕回りは一体パーツだった肩と腕を切断
肩にポリキャップを内蔵し、接続パーツを追加
接続パーツは3mmプラ棒、5mm角棒、コトブキヤのHジョイント(中)を使用しています
手首を可動化させなかったことが今となっては心残り…

足には足側のにもポリキャップを仕込み、接続をダブルボール化
細くて頼りない接続ですがほとんど見えないのでこれで十分
あと写真ではわかりにくいですが、腕の延長に合わせて、プラ板を使って2mm底上げしてあります

ちなみに主な改造箇所はこの本体だけです

號斗丸 軽装 蹴り
ビシッ
「ケリポーズができるんだぜ!!」
当時、印象的だった箱横の煽り文句(笑
当時でも別段すごかったわけではなかったのはいうまでもない…

號斗丸 軽装 ポーズ
どんどんいくよ!

號斗丸 トウハ 前
號斗丸が闘覇の羽織を身にまとった武者形態
モチーフであるGガンダムにも似ていてまとまりも良く、個人的には一番好きな形態

號斗丸 トウハ 後
バックビュー

10年以上前のキットながら、展開ギミックを抱えてのこのまとまりの良さは見事!

號斗丸 トウハ ポーズ
ただしまとまりが良過ぎて可動はこのくらいが限度(汗

そしていよいよスーパーモードへ!

…-天宮(アーク)に再び平和が訪れてから十数年の時間が流れた
 しかし半年前、大将軍の様態がおかしいとささやかれるようになってから、民は圧政に苦しんでいた
 そんな中、各町に「お尋ね者“號斗丸”」と張り出される。これは一体!?
…-「御用だ。御用だッ」
 頑駄無(ガンダム)軍団討伐隊に町外れの端にまで追い詰められる號斗丸
 しかし余裕の號斗丸…
「どうしてもというのなら」
號斗丸 バクネツノジン
「見よ 爆熱の陣」
號斗丸 バクネツ ネッカバクリン1
「唸れ爆烈!」
「轟け熱波!」

號斗丸 バクネツ ネッカバクリン2
「熱火爆輪斬」


とにかくこれがやりたくて、やりたくて…

3段変形っていう子供心にわかりやすいパワーアップがなんとも好きでした
この「新SD戦国伝 超機動大乗軍」のモチーフは主に「機動武闘伝Gガンダム」からきていて
モチーフの濃いキャラクターとBB戦士の相性は抜群に良かったと思います

さらに!
號斗丸にはさらなるパワーアップ形態が!

…-天宮を陰で操っていた副将軍「魔星」(マスター)によりぐずれかかる烈空城
 自らを魔星大乗軍と名乗り、號斗丸達「闘覇五人衆」を攻め立てる
 そこに魔星により石にされていたはずの號斗丸の兄、飛駆鳥大将軍が現れる
 號斗丸に爆流が与えた炎水の玉の意味を問う飛駆鳥
 魔星「グハハハハ笑わせるな! 死ね」
號斗丸 炎水1
「炎水の玉――」
「炎と水――」
「炎の如く――
 水の如く――」
「そうか!」

號斗丸 炎水の境地
「闘志の激しきこと 炎の如く
 心の澄みわたること水の如し」
「これこそ“炎水の境地”なりィ」

號斗丸 鳳炎水凰斬
「鳳炎水凰斬」

当時からこの展開は熱かったなー…

號斗丸 炎水の境地 ポーズ
当時は叶えることの出来なかったフル装備の號斗丸
フル装備には別キットである「天鎧王(テンガイオウ)」(胸の鎧)、「武零斗(ブレード)」(頭のパーツと肩のシール)、「羽荒斗(バード)」(武器:石破天驚剣)が必要で、
本体、號斗丸も含めて2,500円と当時、小学生だった自分には高級品でした

それが今ならそろえられるってのはなんとも感慨深いもんです
(つってもこの形態はあんまり好きなデザインじゃないんですが…)


號斗丸 ハコエ
武者號斗丸でした

完成させたのが今から2年くらい前で…
「今ならココはこうしてるなー」ってのが多々あったり、
初のエナメルによるスミ入れに挑戦してたり、
スミ入れというより汚し塗装みたいになって、挫折してマーカー使ってしまったり(汗
技術的にはかなりこっぱずかしいんですが
当時の熱さを感じて楽しく作れた思い出深い作品です

近年(2008年くらいに)、再版されてもう残り少ないチャンスですので
当時を知る人は思い出に買ってみてはいかが?
(ちなみにつくる人は再版の直前にヤフオクで倍以上の値段で落としました…orz)
(再版されて3個さらに買ったけどな!)

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2011/04/06 00:31 ] 過去作 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL