ポケプラ ミュウツー製作記4「ディスプレイ編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュウツー製作、今回は本体周りの小物!ディスプレイ編です。
本体カラーに合わせて蛍光カラーで光る小物を作っていきます。

pokem2_s4_.jpg


pokem2_s4_a1.jpg
まずはベースとなるのがこちら。
こちらスタイロフォームを切り出して、
モデリングペーストなどをこねくり回して仕上げたもの。
こちらは遊びの中で形にしていったので作り方はバラバラ。
モデリングペーストの他にもセラミックスタッコやグラスビーズなどを使用。
リキテックスはいろいろ素材が多くて楽しい。

pokem2_s4_a2.jpg
とりあえずサーフェイサーを吹きます。
モデリングでは複数の素材を使うため色がバラバラになるので、
サフでだいたいの色を統一しておきます。


さらにこの上からガイアカラーEXブラックで下地を塗装します。

 pokem2_s4_b1.jpg
塗料として使用するカラーはこんな色。
Mr.カラーの蛍光ピンクと蛍光グリーンを1:1くらいの比率で混色します。

pokem2_s4_b2.jpg
混ぜるとわかりやすく茶色に。
こちら色としては茶色ですが、蛍光カラーなのでもちろん光ります。

pokem2_s4_b3.jpg
混色した蛍光ブラウンを黒下地の上から塗装します。
この時点では土っぽい感じ。

pokem2_s4_c1.jpg
マットな状態で土っぽい質感でしたが、
より石っぽい質感にするためクリアカラーのガイアの蛍光ピンクでさらに塗装します。
この辺りは蛍光イエローを使ってみたりフィーリングでいろいろ試しています。
先の発光実験を踏まえ、クリアカラーを重ねることで発光を強くする狙いもあります。

pokem2_s4_d1.jpgpokem2_s4_d2.jpg
塗装が一通り済んだら持ち手のつまようじを外しまして、
エフェクトパーツに適当に刺していきます。
もともと「最後に加工すればいいや」と、とりあえず持ち手にしていましたが、
エフェクトにすっぽり収まったのでそのまま利用しています。

ミュウツーが全く登場しないミュウツー製作記となりましたが、これにておしまい!
次回、完成品アップです!

次回、ミュウツー製作完成
「みんなも、ポケモンゲットだぜ!」

関連記事
[ 2020/12/25 21:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL