ポケプラ ミュウツー製作記3「瞳塗装編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はミュウツーの瞳部分を塗装していきます。
細かい作業が多く、何かと気をつかう瞳の塗装。
ポケプラは瞳部分にモールドがあるので塗装自体はしやすいのですが、
ならではの難しさもあるのでそれも踏まえて紹介していきます。

pokem2_s3_.jpg


pokem2_s3_a1.jpg
まずは前回のおさらい。
瞳の紫色部分をラッカーで塗装します。
出来るだけラッカーなど強い塗料で塗っておくと後が楽になります。
僕の場合、干渉部分を避けたいのでこんなもんで。

pokem2_s3_b1.jpg
ラッカーの乾燥を待って、周りの黒縁をエナメルカラーで塗装します。
はみ出してもエナメル溶剤で拭き取れるので、じっくり乾燥を待ちながらトライアンドエラーで根気よく。

pokem2_s3_b2.jpg
両目のバランスを確認しながら進めます。
人間、手癖もあるもんで左右をそろえるのは意外と大変。

pokem2_s3_c1.jpg
乾燥を待って蛍光クリアでコート。
エナメルカラーをマスキングから保護します。
蛍光カラーを使っているのは、瞳を出来るだけ光らせるため。

pokem2_s3_c2.jpg
コートが乾燥したら付属のシールを使ってマスキング。
(シールマスキングについて詳しくはこちらで)
このマスキング状態で前回の蛍光塗装をしています。

pokem2_s3_d1.jpg
全体の蛍光ピンク塗装が済んだらマスキングを外して、
瞳孔部分にUVレジンを塗ります。

pokem2_s3_d2.jpg
モールドを埋めるイメージでUVレジンを塗り広げます。
つまようじなどでモールドに沿うような形で塗り広げた後、UVライトで固めます。

pokem2_s3_d3.jpg
モールド部分を固めた後、再度全体に広げることでキレイな瞳孔に仕上げています。

pokem2_s3_e1.jpg
UVレジンはそのままだと表面が曇りやすいので、さらに蛍光クリアをコート。
こちらは出来るだけ瞳孔部分にのみクリアを塗装。
後々にブラックライトを当てることを意識して、色だけではなく発光色も気にしながら色を重ねます。

pokem2_s3_z.jpg
実は蛍光ピンクを全体に塗装した時点で完成のつもりでしたが、
つや感が気になったので追加でパールコートしてます。
そのため、はがしたシールを再利用してマスキング、パールコートをしています。
スマートにいくなら最初のマスキングで全体に蛍光ピンク→パールコートと重ね、
瞳部分の塗装を仕上げていく方が良かったかもしれません。
ある程度の融通が利くのもシールマスキングの良いところ。

ポケプラはモールドのおかげで瞳も塗装しやすいのですが、
そのモールドのおかげでつやをつけると凹凸が目立ってしまいます。
少々強引ですが今回はUVレジンでモールドを埋めて、瞳を瞳らしく仕上げています。
UVレジンは蛍光カラーとの相性も良いので、そろえておくと便利です。

これにてミュウツーはほぼ完成!
…ですが、ポケプラ製作、もうちょっとだけ続きます。

次回、ミュウツー製作ディスプレイ
「みんなも、ポケモンゲットだぜ!

関連記事
[ 2020/12/24 21:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL