ポケプラ ミュウツー製作記2「エアブラシ塗装編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュウツー今回から塗装編です。
塗装そのものはシンプルなんですが、ポケモンという“生き物”を丁寧に塗装していきます。

pokem2_s2_c1.jpg


pokem2_s2_a2.jpg
まずは前回のサフ面を、さらに磨いていきます。
使っているのは1500番程度のスポンジやすり。
サフ面がだいたい1000番くらいなのでそれ以上のものであればOK。

pokem2_s2_a1.jpg
手っ取り早くいくならモーターツールでぎゅーんと。
やすりボールは削りカスごと吹き飛ばすので楽ちん。

pokem2_s2_a3.jpg
磨いたサフ面は光沢のようにつやつやになります。
こちらは全パーツ共通の下地。


pokem2_s2_b1.jpg
磨き終わったらガイアのEXホワイトを全体に塗装します。
ミュウツーは全体的に明るい色なので、真っ白をベースにしています。

pokem2_s2_b2.jpg
続いてパープルの部分を塗装。
ここでの目の色と体の色はあえて同じにしています。
体部分はエアブラシで塗装して、瞳の方は筆塗りです。
使用したカラーは[Mr.ピンク70%+Mr.パープル20%+GaEXホワイト10%+Ga蛍光クリア少量]
蛍光クリアを少量混ぜているのは、後々の蛍光塗装の発色、発光をそろえるため。

pokem2_s2_c1.jpg
さらに全体を蛍光ピンクで塗装。
こちらの蛍光ピンクは[Ga蛍光クリア70%+Ga蛍光ピンク20%+Ga蛍光ブルー10%]
ガイアカラーの蛍光色を使うことでクリアカラーで仕上げています。
ちなみに瞳はシールでマスキングしています。

pokem2_s2_d1.jpg
最後にパールホワイト(Mr.クリスタルカラー ムーンストーンパール)で仕上げ。
クリアカラーで塗装したために表面がぬるてかしすぎていたので、パールでその質感を抑えています。

今回のミュウツーは蛍光カラーを使った発光がテーマ。
発色実験において蛍光カラーが予想以上に傷などが目立ちやすかったので、
いろいろと丁寧に進めています。

何かつけて「丁寧」というワードが頻発。
次回も丁寧に進めていきます。

次回、ミュウツー製作瞳塗装
「みんなも、ポケモンゲットだぜ!

関連記事
[ 2020/12/23 21:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL