1/100 スモー製作記「塗装まとめ」 このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は1/100のゴールドスモーを使ってシルバースモーを作っていきます。
製作法としては簡単仕上げで、この一記事で完成です。

100sumos_s1_.jpg
1/100「ゴールドスモー」レビューはこちら


100sumos_s1_a1.jpg
まずはゴールドスモーのクリアイエロー部分をうすめ液で落とします。
(メッキ落としについて詳しくはこちらで)
ゲート跡にはシルバー筆塗りでリタッチしています。

100sumos_s1_a2.jpg
その他のパーツはシルバースモー合わせて塗装します。
色レシピは
赤=Mr.レッド+Mr.ホワイト+Mr.シルバー[1+少量+極少]
ライトグレー=Mr.パープル+Mr.ブラック+Mr.ホワイト[4+1+少量]
関節等グレー=Mr.GXメタルブラック
(Mr.カラー=Mr.と略。)
サーフェイサーなしでプラ地に直接塗装しています。
1/144シルバースモーのカラーガイドを参考にしていますが、サフなしなのもあって微調整しています。

100sumos_s1_b2.jpg
続いて部分塗装。
今回はフラットブラックとスモークの二色を使います。

100sumos_s1_b3.jpg
スリット部分をタミヤエナメルのフラットブラックで塗装。

100sumos_s1_b4.jpg
スミイレには同じくタミヤエナメルのスモークを使います。
スモークはクリアブラックのようなカラーで、色合わせなしで自然なモールドラインになります。

100sumos_s1_c1.jpg
仕上げに、落としたメッキも含めてつや消しコートします。
表面のカラーを落としたメッキは、傷がつきやすいのでツヤありでもコートするのがおすすめです。
(ちなみに以前製作したヒャクシキはそのままで仕上げています)

今回、一番試してみたかったのはこのメッキパーツのつや消し仕上げで、
現時点でシックな仕上がりでなかなかいい感じ。
次回の完成品レビューをお楽しみに!

次回、スモー製作記
シルバースモー

「フラットメッキは量産機の風」

関連記事
[ 2020/07/21 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL