PGフェネクス製作記「メッキパーツ塗装編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のPGフェネクスは売りであるメッキ部分を塗装していきます。
以前実験したようにメッキパーツにはちょっと特殊な塗装がされています。
今回はそれを踏まえてメッキパーツにもできる塗装法を紹介していきます。

PGPH_s7_.jpg


PGPH_s7_a1.jpg
まずは前回の本体塗装と同じように部分塗装をしてきます。
使用するのはこれまた同じくタミヤエナメルのシルバー。
メッキパーツはすでにラッカー塗装されているような状態なので、直接エナメル塗装できます。

PGPH_s7_a2.jpg
前回も記載しましたがエナメルシルバーはふき取りに難儀します。
出来るだけはみ出さないように慎重に塗装します。

PGPH_s7_a3.jpg
部分塗装するとこんな感じ。

PGPH_s7_c1.jpg
塗装し終えたらしばし乾燥させます。
メッキパーツ全てに塗装しているのではなく、
明確なモールドや、部分塗装したいところがあるパーツのみ塗装しています。


PGPH_s7_d1a.jpg
モールドにもスミイレと同じ要領で塗装しています。
画像の様にスミイレである以上どうしても多少のはみ出し跡は出来てしまいます。

PGPH_s7_d2.jpg
このはみ出したエナメル塗料は爪楊枝で削れます。
爪楊枝をエナメル溶剤で少し湿らせておくとより弱い力で削れて、パーツの傷防止になります。

PGPH_s7_d3a.jpg
〇で囲ったポイントはこの通り。
続けて他のはみだし跡も爪楊枝で削っておきます。

PGPH_s7_d4.jpg
全体をエナメル溶剤で少し湿らせたキッチンペーパーでパーツを磨きます。
キムワイプやティッシュだとメッキの塗装が傷がついてしまうことがあるので、
キッチンペーパーで優しく磨いて仕上げます。

PGPH_s7_d5.jpg
仕上がりはこんな感じ。
もちろん部分塗装のはみ出しも同じように処理できます。


PGPH_s7_e1.jpg
爪楊枝だとピンポイントで削れるのでスパッとしたモールドになります。
メッキパーツとエナメルならではのちょっとした荒業ですが、
スジボリの難しいメッキパーツでは必要になるテクニック。


PGPH_s7_f1.jpg
続いて一部のパーツをガイアの蛍光イエローでエアブラシ塗装します。

PGPH_s7_f2.jpg
画像の腰アーマーの上部分が蛍光イエローを塗装したパーツ。

PGPH_s7_f3.jpg
画像の角の内側が蛍光イエローを塗装したパーツ。

蛍光イエローで変わる色調の違いはかなり独特で、
同じように見えるときもあれば明るく見えたり濃く見えたりもします。
全体のちょっとしたアクセントになるような部分に配色しています。

PGPH_s7_g1.jpg
塗装前

PGPH_s7_g2.jpg
塗装後
エナメルで塗装した部分も色づいて一体感も出てきます。

メッキパーツは簡単にいうと塗装済みパーツで、
何が塗装されているのかを理解していないとちょっと面倒なことにあったりもします。
例えばスミイレペンなどの油性ペンでスミイレすると表面の塗装が溶けて色ノリが悪かったり、
拭き取りが難しくなったりもします。
今回のエナメルを使った部分塗装&スミイレは今のところ最適解かなと思います。

次回はここから塗装後にもできるディテールアップをしていきます。

PGフェネクス製作記
episode8
メタルパーツ

関連記事
[ 2019/09/20 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL