PGフェネクス製作記「サイコフレーム塗装編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

フェネクス製作、今回はサイコフレームのクリアブルーを塗装してきます。
パールカラーを使ったサイコフレームの表現という点ではユニコーンと共通ですが、
ユニコーンのサイコフレームとはちょっと違うフェネクスならではのサイコフレームを表現していきます。

PGPH_s5_.jpg


IMG_3626.jpg
まずはクリアパーツ全体をVカラークリアーでコート。
こちらにはパーツを保護する意味合いがあります。

DSC_6659.jpg
DSC_6663.jpg
続いてコートしたパーツにタミヤのエナメルシルバーでスミイレします。
事前にスジボリはしていないので溝がうっすらと白くなる程度。

DSC_6664.jpg
一部はスミイレというより部分塗装のイメージ。
シルバーのようなメタリックカラーを使ったスミイレは伸びが悪く、塗る作業に近い感覚でした。

[補足]スミイレについて
スミイレはエナメルカラーの伸びの良さを利用した拭き取り塗装です。
メタリックカラーは金属粒子の影響で伸びが悪く、拭き取りもしにくいので、
実はスミイレには非常に不向きな塗料です。
また、「事前にスジボリをしておく」などの基本を今回は実験的にあえて無視しています。
その効果については後述します。
スミイレの基本についてはこちらをご覧ください。


DSC_6677.jpg
シルバーが乾燥したところでパールコートします。
コートに使用するのはVカラークリヤブルー+WAVEパールホワイトブルー[2:1]。

DSC_6675.jpg
パールカラーでコートするとこんな感じ。
事前にシルバーを塗装した部分がやや白い程度で、ぱっと見は非常にわかりにくいです。

DSC_6844.jpg
最後にクリアコートして仕上げます。

DSC_6847.jpg
DSC_6849.jpg
クリアコートによってパールのざらつきも抑えられすべすべになります。
艶も安定して落ち着いた質感に。

DSC_6672.jpg
DSC_6671.jpg
ここでちょっとネタバラシ。
消灯時だとモールドが白く光っているイメージ、LEDを点灯させると黒くなってスミイレのようになります。
LEDの色が違うのでこれと同じようにはならないとは思いますが、そんなイメージで仕上げています。
ちなみにこちらは未使用のサンプルパーツ。

ユニコーンの時のサイコフレームがぼんやりとした幻想的なイメージだったので、
今回のフェネクスではスミイレでモールドを強調してよりメカメカしいイメージにしています。

スミイレにシルバーを使ったのもこのメカメカしさを強調するためでした。
写真では伝わりにくいのですが光の拾い方でモールドを強調したりパールと同調したりと面白い質感になっています。
合わせればその質感は伝わりやすいと思いますので完成品をお楽しみに。

次回もこのイメージで塗装を進めていきます。

PGフェネクス製作記
episode6
パールカラー塗装

関連記事
[ 2019/08/26 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL