PGフェネクス製作記「メタリック塗装編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

PGフェネクス製作記、今回からエアブラシ塗装開始です。
先回のPGユニコーンと同じく可動部など摩耗の多い部分には塗膜の強いVカラーを併用しながら塗装。
今回はそのうちのメタリックカラーを紹介していきます。

PGPH_s4_.jpg


PGPH_s4_a1.jpg
まずは摩耗の少ないプラパーツ部分
こちらは最初にサーフェイサーを塗装。

PGPH_s4_a2.jpgPGPH_s4_a3.jpg
続いて下地色として黒(ガイアカラーExブラック)を塗装。
黒は隠ぺい力が高いようで意外と色ムラの出やすい色です。
まず溝などの奥まった部分を塗装してから全体を塗装するようにしてきっちり黒くしておきます。
メタリックカラーではこの下地が大事になります。

PGPH_s4_b1.jpg
続いて強度の欲しいパーツにはVカラーを使います。
(Vカラーについて詳しくはこちらで→楽しい実験「Vカラーとプラ」)

PGPH_s4_b2.jpgPGPH_s4_b4.jpg
Vカラーの濃度調整にはオイラーを使用。
元々が工業用なので強めの溶剤でも安心して使えます。

PGPH_s4_b5.jpg
こちらはサフなしで黒から塗装します。
ラッカーよりVカラーの方がプラを溶かす性質が強く、乾燥が早いため塗装感はやや異なります。
分量としてはVカラーで塗装するパーツの方が多め。

PGPH_s4_c1.jpg
続いてメタリックカラーを塗装します。
使うのは雲母堂CCパール「MCブラック」。
同じパウダー系の顔料を使うことで、違う塗料でもほぼ同じ色に出来ます。
こちらをVカラークリアを混色した物と、Exクリアーを混色した物の2種類作ります。

PGPH_s4_c2.jpg
ザーッと全体に塗装。
メタリックカラーは黒下地と違って、全体に粒子を乗せるイメージで塗装した方がいい感じです。
塗料の入らない溝など部分はそのまま影色になります。
画像はVカラーで塗装したもので、ラッカーも同じように塗装します。

PGPH_s4_c3.jpgPGPH_s4_c4.jpg
マスキングしたりしながらシルバーも塗装しておきます。
たまたまですが使ったシルバーは全てVカラーです。


PGPH_s4_c5.jpg
続いてクリアーでコートします。
ラッカーに使うのはExクリアーです。

PGPH_s4_d1.jpg
Vカラーはクリアをまずスプレーから確保。
Vカラーは取り扱い店が減っているので、こういう小技も使いながら強引に獲得します。

PGPH_s4_d2.jpg
スプレーから取り出した塗料にはガスが含まれています。
1,2時間待ってかき混ぜてもガスが出なくなるまで待ちましょう。
画像のクリアは20mlまで入れていたものが時間が経つと10mlまで減っていました。

PGPH_s4_d4.jpg
こちらもざっと塗装。
クリアーを塗装することでメタリックカラーを定着、ツヤを安定させます。

PGPH_s4_z.jpg
今回塗装したメタリックパーツを組み合わせるとこんな感じ。
Vカラーで塗装したグリップや可動ギミック部分、ラッカーで塗装した砲身や本体の部分もほぼ同じ色に出来ました。

メッキパーツのに負けない存在感のある色…、ということで今回もMCパールを採用。
シルバーの分量が若干増えているのなどの違いはありますが、ここまでは先回のユニコーンとほぼ同じです。
(先回について詳しくはこちらで→PGユニコーン製作記「Vカラー塗装編」)
次回からはフェネクスの個性を出した塗装をしていきます。

PGフェネクス製作記
episode5
サイコフレーム塗装

関連記事
[ 2019/04/24 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL