PGフェネクス製作記「リューターろくろ編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

PGフェネクス製作、今回はフェネクス本体の加工です。
全体の方針として難しい加工はしない方針ですが、実は簡単に出来るバーニア加工を紹介してきます。

PGPH_s2_.jpg


PGPH_s2_a1.jpg
バーニアの内部パーツはハメ殺し系。
まずはこのパーツを外していきます。

PGPH_s2_a2.jpg
バーニアの後ろから0.6mm穴をあけます。
この穴は完成したら見えない部分にあけておきます。

PGPH_s2_a3.jpgPGPH_s2_a4.jpg
0.5mmの金属ピンを使って押し出します。
2か所くらい穴あけしておくと出しやすいです。
0.5mmピンは力を加えにくいのでペンチを使ったりもします。

PGPH_s2_b1.jpg
リューターにはこちらのビットを使います。
元はノコや砥石など円形のものを挟むためのビット。

PGPH_s2_b2.jpgPGPH_s2_b3.jpg
先ほどのビットを使ってバーニアを挟みます。
前後を見て中心が取れているかをチェックします。

PGPH_s2_b4.jpgPGPH_s2_b5.jpg
ビットを取り付け、リューターを回してみて中心が取れているかを確認します。

PGPH_s2_b6.jpg
中心がずれていると画像のような感じでぶれてしまいます。

PGPH_s2_c1.jpgPGPH_s2_c2b.jpg
リューターを回転させながらヤスリで削っていきます。
このときヤスリの目とリューターの回転方向があっているか確認します。

PGPH_s2_c3.jpgPGPH_s2_c4.jpg
パーツの厚みをチェックしながらヤスリの目を変えつつ調整していきます。

PGPH_s2_c5.jpgPGPH_s2_c6.jpg
最後はスポンジヤスリを使って内外から仕上げます。

PGPH_s2_d2.jpgPGPH_s2_d3.jpg
左右でビフォーアフター。
バーニアが薄くなってシャープになりました。

PGPH_s2_z.jpg
8個あるパーツなのでそれぞれの角度がそろっているかどうかを確認しながら進めていきます

PGPH_s2_d1a.jpg
最初に外した内部パーツと組み合わせるとこんな感じです

先回のPGユニコーンでも同じようなバーニア加工をしてるのでそちらも参考までに。
(PGユニコーン製作記「バーニア編」)
リューターを使うと厄介な円形パーツでも安定して対称に加工できるようになります。
また、1個あたり10分弱で完成させられるその手軽さも魅力。
エアブラシの次辺りにそろえておきたいモデラーズアイテムです。

PGフェネクス製作記
episode3
ゲート処理編
関連記事
[ 2018/11/12 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL