バンダイ「アクションベース2(グレー)」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のアクションベース1に続きまして、今回はアクションベース2の紹介です。

アクションベース2は1/144スケールにぴったりなアクションベース。
アクションが決まる!ポーズが決まる!対決シーンが決まる!立体的に決まる!


ab2_r_.jpg


ab2_r_a1.jpg
ランナー、ビス&ナット、両面テープ。
アクションベース1よりネジ締めの分量が増えています。
もちろん組み立てにはドライバーが必要です。

ab2_r_a2.jpg
キットパーツ数成型色製作時間発売価格
アクションベース2271色15分2007年6月450円
アクションベース1(参考)321色30分2007年1月550円
組み立て後パーツ一覧
支柱となるスタンド、スタンドを取り付ける土台、さらにジョイントパーツが5種。

ab2_r_a4.jpg
股間止めタイプのジョイントパーツ。
6mm幅、7mm幅の2種類があります。
ちなみにアクションベース1は8mm、9mm、11mm幅の3種。

ab2_r_a5.jpg
ビス穴タイプのジョイント。
ガンプラに2.5mmの穴をあけ、ビスで固定します。

ab2_r_a6.jpgab2_r_a7.jpg
差し込みタイプ2種、角型、丸型。
対応キットによって差し込み穴に違いがあります。
丸型の軸はアクションベース1と同じ3mm径。
角型の軸は1.5mm×6mm。

ab2_r_a3.jpg
ジョイントパーツの軸はアクションベース1と違うので共有出来ません。
そのため角型穴の場合はアクションベース2専用になります。

ab2_r_a8.jpgab2_r_a9.jpg
アクションベース2の土台は複数のアクションベース2と連結できます。
なおアクションベース1の土台とは接続出来ません。

ab2_r_b1.jpg
アクションベース1のネジポイントは1か所でしたが、
アクションバース2は矢印部分の3か所にあります。
また、そもそもの保持も強めに出来ています。

ab2_r_b2.jpgab2_r_b3.jpg
ネジポイントも増え、ジョイントの可動域も広くなっているのですが、
接続部分が大きくなり、アクションベース1よりも目立ちます。

ab2_r_b4.jpgab2_r_b5.jpg
アクションベース1同様、スタンド部分は高さ調節ができます。
こちらはスタンドの背部に固定ピンがあります。

ab2_r_b6.jpg
アクションベース2も1/100キットにも一応使えます。
画像では股間止めタイプを使って接続。
ポーズをとるには不向きですが、立ち姿を安定して飾るには丁度いいです。

ab2_r_c2.jpg
スタンド部分はアクションベース1に取り付けることもできます。
スタンドの高さはアクションベース2の最長でもアクションベース1の最短より短いです。


ab2_r_z.jpg
アクションベース2の紹介でした。
個人的に写真を撮るときには1/144キットでもアクションベース1を使うことが多いのですが、
アクションベース2の良い所は飾った時の納まりの良さです。
コンパクトでありながら様々なポーズで安定して飾ることができます。
値段も安いしね。


こちらもカラーバリエーション豊富。
スタンドとして見せるためかちょっと変わったカラーが多いです。
関連記事
[ 2018/05/22 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL