HGターンエー製作番外編「洗濯物他」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ターンエー製作番外編、今回は最後の小物となる洗濯物を作ります
あのシーンの象徴的なパーツを作ると同時に、ジオラマ全体を仕上げていきます

HGtA_s14_.jpg


HGtA_s14_a1.jpg
まずはシーツ作り、幅6mm×長さ12mmに0.1mmプラペーパーを切り出します
この大きさはフィギュアの大きさからなんとなく決めました

HGtA_s14_a2.jpgHGtA_s14_a3.jpg
続いて手で二つ折りしてしていきます
多少のずれは雰囲気です

HGtA_s14_a4.jpg
折っただけだと画像のように癖が残るので、接着していきます

HGtA_s14_b1.jpgHGtA_s14_b2.jpg
流し込みタイプのプラセメントを、ペーパーで拭き取りながら出来るだけ薄く塗ります

HGtA_s14_c1.jpg
接着の際、0.5mm真鍮線を通して竿を刺す隙間を作っておきます

HGtA_s14_c2.jpgHGtA_s14_c3.jpg
続いて真鍮線を刺した状態でペーパーを曲げ、風を表現していきます

HGtA_s14_c4.jpg
適当に曲げ方を変えて、表情に差をつけてみました


HGtA_s14_d1.jpgHGtA_s14_d2.jpg
続いてシーツを干すための物干し竿を作ります
0.5mmプラ丸棒に(余った塗料で自作した)茶色をエアブラシ塗装
本数を決めていなかったので、とりあえず0.5mmプラ丸棒を一本全部塗装しています
まあ長いのなんの

HGtA_s14_d3.jpg
塗装した竿を6cm程度に切り出します
6cmは∀本体の幅から計測したもので、5本出来ました
シーツは余ってたプラペーパーを適当に切り出し20枚、
物干し1本に4枚×5本の洗濯物を作成します

HGtA_s14_d4.jpg
先ほど作ったシーツを差し込みます
塗料が滑り止めになって、ある程度固定されています

HGtA_s14_e2.jpg
竿の断面に茶色+黒(1:1)を塗装します
ついでにそのまま竿の上から影色を塗装します
ここは筆塗りです

HGtA_s14_e3.jpg
シーツを一回転させて完成
…っと、塗ってから気づいたのですが、シーツをかける前に塗っておいた方が楽でした

HGtA_s14_e4.jpg
洗濯物の完成です


仕上げに土台に小物類を配置していきます
まずは前回のフィギュアから
HGtA_s14_f1.jpg
製作した土台に、∀本体を置いてみて、配置を決めます

HGtA_s14_f2.jpgHGtA_s14_f3.jpg
ぽんぽんと0.5mmくらいの穴をあけまして、

HGtA_s14_f4.jpg
ぷすっとフィギュアを配置
この人一人入りそうな距離感が大事
接着剤などで固定するのが基本ですが、取り回して遊びたいので今回は置くだけです

HGtA_s14_f5.jpg
洗濯物も配置
適度に距離をとりつつ、腕で運べる範囲に
こちらも固定はしません

そんなこんなで番外編製作も完了です
土台も含めて「なんかこんな感じらしいね~」っと勢いで作りました
作りながらジオラマの知識も増え、「ここはこうした方が良かったな」と思う部分もありますが、
今できることで完成させました

大好きなあのシーンを再現した作品
次回完成品公開です

次回、∀製作
完成

「風は、またそよぐ」

関連記事
[ 2017/04/18 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL