PGユニコーン製作記「保持調整編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニコーン製作、今回は保持の調整です
ツイッターでちらっと紹介していたのですが、思ったより分量が多かったので記事としてまとめ
塗装前の最終調整をしていきます

PGUC_s12_0.jpg


PGUC_s12_e4.jpg
画像青矢印の肩と股関節
PG特有の重さもあって腕や足を広げたポーズが保持しにくくなっていたので、こちらを解消

PGUC_s12_e1.jpgPGUC_s12_e2.jpg
ABS関節にはABS用タミヤセメントを使って保持強化
赤矢印の軸の部分に塗って、硬化待ちは2日くらい
瞬間接着剤でもいいのですが、ABS用セメントの方がもっちりした感じでパーツに合ってる気がします
相対的に負荷がかかってしまう腕のとの軸(青矢印)にもABSを塗って保持強化


PGUC_s12_b4.jpgPGUC_s12_b1.jpg
続いてデストロイモードの肩の突起
収納時(U)にカチッとはめ込む感じがあったので削ってしまって真っ直ぐに

PGUC_s12_b2.jpgPGUC_s12_b3.jpg
わかりにくいですが、溝を掘り込んでから角度を調整しています
ユニコーン→デストロイの可変ギミックが少し楽になりました


PGUC_s12_c2.jpgPGUC_s12_c1.jpg
こちらは腰、フロントアーマーの可変パーツ
赤矢印部分を削ったうえで、0.3mmプラバンを使ってフタのようなものを追加
バチッとはめ込む仕組みにして、するっと動くのに外れにくいように仕上げました


PGUC_s12_d2.jpgPGUC_s12_d1.jpg
腰のU→Dの可変ギミックの可動パーツを削り込んで緩く
仮組みで合わせが緩くなっているのもありますが、ガチガチだったので思い切って深く削っています
背中にロックがあるのでポージングには問題ありません


PGUC_s12_a3.jpg
ユニコーンモード赤丸のモモの部分
ユニコーン時に出来てはいけない隙間があったのでこちらを調整

PGUC_s12_a1.jpgPGUC_s12_a2.jpg
2mm角棒の一部を削り、作ったパーツを接着して隙間を塞ぎます
ギミック自体はスムーズに動くようにプラ棒を調整しています
上の部分もデストロイモード時にちょっと緩かったので、0.3mmプラバンで埋めています


PGUC_s12_f1.jpgPGUC_s12_f2.jpg
こちらはディスプレイスタンドの高さ調整の可動部
内部の可動軸3つのうちの2つを削って、やや楕円形になる様に加工
そのままの部分をいくつか残すことで安定感を損なわないようにしています

PGUC_s12_f3.jpg
こちらは外側の干渉部分
削って干渉しないようにしておきます

PGUC_s12_f4.jpg
スタンドはポージングの際には上げ、地に足をつけて飾る時には下げたりと高さ調節する機会も多いので、
可動をスムーズにしておくとポージングも安定します

保持調整はこんな感じでポージングしながら各部をチェックしてます
ポーズが決まるようになるとやっぱり楽しいです

PGユニコーン製作記
episode 13
表面処理

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2015/08/02 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL