PGユニコーン製作記「ビームマグナム編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

PGユニコーン製作、10回目の今回はビームマグナムの加工です
メインはビームマグナムですが、サーベルやフィギュアなどその他付属品も加工していきます

PGUC_s10_i1.jpg


ビームマグナム
PGUC_s10_a1a.jpgPGUC_s10_a2a.jpg
円筒状の肉抜き穴を1mmプラバンで埋めます
1mmプラバンを穴の幅に合わせて切り出し、プラセメントで接着
例によって合わせ目消しと同じ要領です

PGUC_s10_a3.jpg
埋めると画像の通り
×印は「見えないんで適当でいいよ」のマーク


PGUC_s10_b1a.jpgPGUC_s10_b2a.jpg
マガジンの保持パーツを1mm角棒で埋め、ポリパテで隙間を埋めます
マガジンを外さないと見えない部分ですが念のため


PGUC_s10_c1.jpgPGUC_s10_c2.jpg
先回同様、既成リベットに穴をあけておいて、プラ棒製リベットを追加
2.5mmプラ棒と3.2mmプラパイプで製作したリベットです

PGUC_s10_c3.jpgPGUC_s10_c4.jpg
見えてしまう裏面は適当なプラ板+ポリパテで埋めます


PGUC_s10_d1.jpg
サブグリップ部分
前回のバズーカと同じやり方で1mmプラバンで埋め


PGUC_s10_e2.jpgPGUC_s10_e1.jpg
グリップは合わせ目消し+ポリパテで隙間を埋めています
地味に保持部分を一段落としています


PGUC_s10_e3.jpg
ついでにグリップ可動部にリベットを追加
こちらは1.5mmプラ棒と2.4mmプラパイプで製作したリベット


PGUC_s10_f1.jpgPGUC_s10_f3.jpg
上部に1.5mmのマイナスモールドリベット追加
下部に3.2mm開口+1mm角棒で凸型マイナスリベットを追加


PGUC_s10_f2.jpg
マガジングリップ部分
左右に1.5mmプラ棒でマイナスモールドリベットを追加


バナージフィギュア
PGUC_s10_g1a.jpgPGUC_s10_g2a.jpg
バナージ君フィギュア
分かりにくいですが繋がってた脇の下を開口するなどメリハリをつけています

PGUC_s10_g3a.jpg
ヘルメットは穴あけし、内部を空洞化しています


サーベル刃
PGUC_s10_h1.jpgPGUC_s10_h2.jpg
ビームサーベルのパーティングラインをシャーシャカ削ります
パーティングラインはスポンジヤスリに400番ヤスリを貼って削っています

PGUC_s10_h3.jpgPGUC_s10_h4.jpg
全体をスポンジヤスリでやすり掛けします
先端は削り込んで少しシャープに

PGUC_s10_h6.jpg
コンパウンドを使ってさらに磨いていきます
クリアパーツの表面処理はまちまちですが、今回は元と比べて遜色ない程度まで磨いています

PGUC_s10_h7.jpg
サーベル刃の仕上がりは画像の通り


PGUC_s10_z.jpg
ビームマグナム加工完了です

これで武器、付属品は一揃い、残すは本体、足だけです

PGユニコーン製作記
episode 11


関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2015/06/13 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL