PGユニコーン製作記「バズーカ編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

PGユニコーン製作、今回はバズーカの加工です
先回のガトリングやシールドと同じく、プラ素材メインで肉抜きを埋めつつディテールアップしていきます

PGUC_s9_z1.jpg


肉抜き埋め
PGUC_s9_b5.jpg
見えてしまう肉抜きは極力埋めていきます
基本的にはこちらのパーツのようにプラバンを埋め込んで埋めます


PGUC_s9_b1.jpgPGUC_s9_b2.jpg
プラ素材だけの埋め作業が難しい場合にはポリパテを併用します
パーツが重くならないようプラバンを埋め込んだうえでパテで盛り、削って仕上げます

PGUC_s9_b4.jpg
こちらのパーツも1mmプラ角棒を埋め込んだうえでポリパテを盛って軽く仕上げています


PGUC_s9_c4.jpgPGUC_s9_c6.jpg
さらにこちらもプラバン+ポリパテで埋め
見えにくい部分もできるだけ埋めておきます
ポリパテは切削しやすいので複雑な形状も比較的楽にこなせます


リベット・表面処置
PGUC_s9_a1.jpgPGUC_s9_a2.jpg
こちらのパーツのように、リベット部分にパーティングラインが通っている部分がちらほらあります
このままでは表面処理がしにくいので、リベットの中心に穴をあけておいて削ってしまいます

PGUC_s9_a3.jpg
パーティングラインの処理、ヤスリ掛けが終わったら1.5mmと1mmのプラ棒を使ってリベットを復活
少々手間はかかりますが、この方がきれいに表面処理できます
なお、先端に2.4mmプラパイプ、下部を0.3mm厚プラバンでディテールアップしています


PGUC_s9_d6.jpg
こちらのパーツも上記と同じようにパーティングラインの処理のため削って2.5mmプラ棒でリベットを復活


PGUC_s9_c1.jpg
こちらも同じようにリベットに穴をあけて削って、パーティングラインを処理

PGUC_s9_c2.jpgPGUC_s9_c3.jpg
こちらはパイプ型のリベットを追加
2.5mm軸、3.2mmパイプで、バックパックで使用したものと同じです


PGUC_s9_d3.jpg
こちらの長方形部分も処理のついでに削って、0.3mm厚のプラバンで復活
単純な形状のディテールであれば応用の効くテクニックです


その他の追加ディテール
PGUC_s9_d1.jpg
こちらはグリップパーツ
見えてしまうダボピンを1.5mmプラ棒で埋め、凹丸部分に1.5mmプラ棒でにマイナスリベットを追加


PGUC_s9_d5.jpg
バズーカ後部の円形モールド
1mmプラ角棒でマイナス系ディテールを追加


PGUC_s9_d2.jpg
バズーカの弾倉
パーツのはめ込み用の溝があったのですが、仮組みしにくかったので埋めています
1mmプラ角棒で埋め、そのまま凸モールドにしています

PGUC_s9_d4.jpg
弾倉の後ろは開口して、排気口風に


PGUC_s9_z2.jpg
表面処理を終え、バズーカ完成です

単純な形状でもディテール追加に慣れておけば、応用して表面処理をきれいにこなすことができます
肉抜き埋めにはパテを使えば楽なのですが、どうしてもパテだけでは重くなってしまいます
ですので、部分的にでもプラを使うようにしています
後のポージングのためにも装備類を軽くしておくのは大事なことです

PGユニコーン製作記
episode 10
ビームマグナム

関連記事
[ 2015/05/24 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL