HG「エルフ・ブルック (マスク専用機)」素組みレビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

「ガンダム Gのレコンギスタ」より、HGエルフ・ブルックをレビューします
HG Gレコシリーズ8体目として発売されたキットです

キャピタルアーミィが長距離攻撃作戦に耐えうるMSとして開発した機体
大気圏内外を問わない汎用性と単独での長距離飛行能力、高い火力を兼ね備えた可変機である

HGelfb_r_.jpg


HGelfb_r_5.jpgHGelfb_r_7.jpgHGelfb_r_6.jpg
HGelfb_r_4.jpgHGelfb_r_3.jpgHGelfb_r_1.jpgHGelfb_r_2.jpg
ランナー一覧+シール
A、B×2、C1、C2、D、E、F、BA2、PC-002+シールの構成
ブラウン系のC1・C2ランナーは柔らかいプラ素材で、パーツの摩耗を緩和しています
クリアパーツのビームサーベル刃は蛍光素材です

HGelfb_r_a1.jpgHGelfb_r_a2.jpg
HGelfb_r_a3.jpg
パーツ数成型色製作時間発売価格
HG エルフ・ブルック1175色3時間半2015年2月1800円
素立ちポーズ
もともと空中用MSなので接地はかなり不安定
腕やモモの合わせ目は正面にあるため、少し目立ちます
さほど目立つ部分ではありませんが、頭部の合わせ目はディテールを割っています
合わせ目を消すのであれば注意が必要です


HGelfb_r_a4.jpg
フェイのスディテールはしっかりしていて、細かい塗り分けを要求されますが塗装もなんとかなりそう
シールはこのディテールを埋めることになるので、貼るのはちょっと大変です


HGelfb_r_d1.jpgHGelfb_r_d2.jpg
HGelfb_r_d3.jpg
追加ブースター装備
使い捨てのロケットブースターということで基本的にMS形態で装備するものではないようです

HGelfb_r_e1.jpg
肘は変形ギミックもあって折りたためるほど動きますが、ヒザは90度程度の可動
ブースターにも可動があり、ポージングとして遊べます

HGelfb_r_e2.jpg
ビーム砲発射ポーズ
武器はなく、全身にビーム砲が内蔵されています
発射口にはシールが付属し、シールが細かいながらもギミックを表現
ただそれでも足りない部分もあり、深く貼りにくいもあるので塗った方が楽かも


HGelfb_r_b2.jpg
脚部ビームサーベル発振
サーベル用のポーズに合わせてスタンドがデカいです

HGelfb_r_b1.jpg
足サーベルはパーツの差替えで変形
「なるほどアレがこうなって」というのがわかる分割
同時に、ギミックを仕込むのが難しいのもよくわかる

HGelfb_r_b3.jpg
なかなかの脚線美
おみ足は美しいのですが、股関節の都合上、横方向にはあまり開きません


HGelfb_r_f1.jpgHGelfb_r_f2.jpg
変形・飛行形態
ブースターを安定してディスプレイするためのジョイントパーツが付属
なくても保持は可能です

HGelfb_r_f6.jpg
変形は腰と頭のパーツを差し替え
ギミックとして動かない分、保持が安定しています

HGelfb_r_f3.jpgHGelfb_r_f4.jpg
飛行形態・ブースターなし

HGelfb_r_f5.jpg
変形してもサーベルの発振が可能
飛行形態でも様々なポージングが楽しめます


HGelfb_r_z.jpg
エルフブルックのレビューでした

いくつかのギミックが差替えで対応され、その分、各形態が安定しています
「股関節の可動範囲がもう一つ…」、「画稿と比べるとやや細いような…」など、
気になる点はいくつかありますが、そういった点のアレンジも楽しそうです

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2015/05/11 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL