HG「ガンダム G-ルシファー」素組みレビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「ガンダム Gのレコンギスタ」より、G-ルシファーをレビューします
個人的にGレコのキットは3体目です

ビーナス・グロゥブのジット・ラボで建造された最新鋭MS。
テスト段階にあったところをラライアとノベルが奪取し、メガファウナの搭載機となる。
特徴的なスカート・ファンネルはビーム砲6門とメガキャノンを備えた遠隔誘導兵器であり、
メインスラスターとしての機能も兼ねている。


HGGLu_r_.jpg


HGGLu_r_3.jpgHGGLu_r_5.jpgHGGLu_r_4.jpgHGGLu_r_6.jpg
HGGLu_r_7.jpgHGGLu_r_1.jpgHGGLu_r_2.jpg
ランナー一覧とシール
C1,C2の紫ランナーは他のプラより柔らかいプラ素材
スタンドはクリアホワイトカラーのよく見るいつものやつ

HGGLu_r_a1.jpgHGGLu_r_a2.jpg
パーツ数成型色製作時間定価
HG G-ルシファー1175色5時間2000円
立ち姿
今回はシール全使用でのレビューです
本体は細身ですが、スカートもあってなかなかのボリューム
細かいパーツが多いのですが、ゲートが目立たないように設計されていて、組むのは割と楽

目立つ合わせ目はスネ、モモ、スカート
それ以外は合わせ目が目立たないように設計されています

接地がよく、細身の割に立ちポーズもこなせます
つま先には変形ギミックがあり、ミノフスキーフライト状態も再現できます

HGGLu_r_8.jpg
スカートファンネルはほぼモナカ構造で、奥まった部分になるビーム発信部分のシールがとても貼りにくいです
パーツ分割を細かく出来ないのは軽量化のためと理解できますが、モールドがないのは納得がいかない

HGGLu_r_a3.jpgHGGLu_r_a4.jpg
スカートなしで立ち姿
スカートの着脱部分は(硬い)プラ接続

HGGLu_r_a5.jpg
モノアイは別パーツで立体的
カメラアイというよりセンサーのような感じ


HGGLu_r_b1.jpg
ビームサーベル装備
Gセルフなどと同じように細くまっすぐ伸びたサーベル刃
ハンドパーツはサーベル保持用の1対と平手1対、計2対4パーツが付属

HGGLu_r_b2.jpg
サーベルグリップは左ももに装備
握るところまではいきませんが、抜刀っぽく手をかざすことはできます


HGGLu_r_c1.jpgHGGLu_r_c2.jpg
スカート・ファンネル射出
スカート用のスタンドが3つ付属し、本体用のスタンドもあるのでキット単独で隊列を組むように並べることができます

HGGLu_r_c3.jpg
スカートにスタンドの接続穴はなく、専用のスタンドを隙間に差し込むような方式
スタンド自体は高さも角度も変えられない簡素な物

HGGLu_r_c0.jpg
スカートは接続も可動もプラ
角度にもよりますがややヘタリやすいです


HGGLu_r_d1.jpg
エフェクトフル装備
サーベルエフェクトの接続により表情を変えることができ、組み換えが楽しい

HGGLu_r_d2.jpg
メガキャノン発射
メガキャノン用の大きいエフェクトも丸い接続穴で、角度を変えることができます

HGGLu_r_d3.jpg
接続穴もメガキャノン1、ビーム砲6つそれぞれにあり、1つだけ派手派手にすることも
エフェクト3つ、サーベル刃6つと豊富ですが、遊んでいるともっと欲しくなります


HGGLu_r_z.jpg
G-ルシファーのレビューでした

名前とシルエットで絶対に敵のガンダムだと思っていましたが…
色味や流線的なラインなど、改めて見るとなるほど優しい印象
細かく気になる点もありますが、組みやすくまとまっているのでそんな手直しも楽しそうなキットです

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2015/04/12 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL