PGユニコーン製作記「バーニア編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニコーン製作記、4回目はバーニアの加工です
バーニアはバックパック、腰、ふくらはぎと計8個ありますが、加工方法は全パーツ共通です
今回はリューター(モーターツール)を多用していきます

PGUC_s4_.jpg


PGUC_s2_h1.jpgPGUC_s2_h2.jpg
ユニコーンのバーニアは2パーツを使ったハメ殺し系
ですので、裏から穴をあけて取り外します

PGUC_s4_b1.jpg
まずは外側パーツを、リューター、コーンカッタービットを使って先端をシャープに削っていきます
バーニアをくるくる回しながらの切削

PGUC_s4_b2.jpg
細かい段差はヤスリを使って整えます

PGUC_s4_a1.jpgPGUC_s4_a2.jpg
続いてリューターのダイヤモンドビットに両面テープを巻きつけ、バーニアを取り付けます

PGUC_s4_a3.jpg
リューターを回してみてブレがないかを確認しておきます

PGUC_s4_a4.jpg
バーニアをリューターで回しながら、平面のヤスリを使って先端をシャープに整えます

PGUC_s4_a5.jpgPGUC_s4_a6.jpg
仕上げにスポンジヤスリを使って外に内にを表面処理

PGUC_s4_b3.jpg
仕上がりは画像のように


続いては内部パーツ
PGUC_s4_c1.jpgPGUC_s4_c2.jpg
内側パーツには、はめ込み用のでっぱりがあるので削っておきます

PGUC_s4_d0.jpgPGUC_s4_d3.jpg
内側には段差があるので、それに沿ってスジボリし、画像のように貫通する直前まで削ります

PGUC_s4_d4.jpg
透けて見えてきたらナイフを使って切り出します
貫通すると彫りにくくなるので、ナイフを使った方が無難です

PGUC_s4_d5.jpg
ひとまずこんな感じに分割

PGUC_s4_e1.jpg
裏面に両面テープを貼って、十字に切れ込みを入れます
この時点での中心はそれほど気にする必要はありません

PGUC_s4_e2.jpg
続いては画像のような円形のビットを使います

PGUC_s4_e3.jpgPGUC_s4_e5.jpg
リューターを回してみて中心がとれているかを確認します
画像のようにブレのない状態になるようにします

PGUC_s4_f1.jpgPGUC_s4_f2.jpg
まずはリューターを使わず、ビットを手で持って先端を平面に
平面化により切り出し時のブレを調整しておきます

PGUC_s4_f3.jpg
平面化にはキズのチェックの意味合いもあります
深い傷があったらこの時点で埋めておきます

PGUC_s4_g1.jpgPGUC_s4_g2.jpg
ビットを手で回しながら先端をシャープに
金属に金属のビットを近づけるやり方なのでちょっと危ないです

PGUC_s4_h1.jpgPGUC_s4_h2.jpg
ビットをリューターに接続し、ヤスリを使って整えます
(安全のためカッター系のビットは避けましょう)

PGUC_s4_h4.jpg
リューターの力で簡単にピッカピカになります

PGUC_s4_i1.jpg
削ったバーニアには隙間があります
続いてこちらを解消

PGUC_s4_i2.jpg
裏面からやすりで削っていきます

PGUC_s4_i3.jpg
削る量は画像くらい
だいたい1mm弱でしょうか

PGUC_s4_i5.jpg
画像のように外側パーツの内径にピタッとはまるようにします

PGUC_s4_i4.jpg
実は高さは多少ずれていても問題ないです
削り過ぎると底が浮いて見えますが、外側パーツの内径と、内側パーツの外径さえ合えばOKです


PGUC_s4_j1.jpg
バーニアの接続部分はクリアパーツ(ゲートあり)になっています
こちらは削って磨いておきます


PGUC_s4_za.jpg
パーツを組み合わせると画像のようになります
内部パーツはカラーリングで差をつける予定です
円形パーツの加工に向き、複数のパーツを手早く加工できるのがリューターの強みですね

PGユニコーン製作記
episode 5
腕・ギミック円滑化


[参考]リューターのお話
プラモにおいてリューターに求められるのは何よりも精度で、
軸がぶれないことで今回の様な加工ができるようになります
次に求められるのがトルクで、力が強いほど安定した切削が可能になります
“回転数”あくまで目安程度のものです
…っと上記の内容がスジボリ堂の静芯のページに記載されています
つくる人が使っているのもこの「静芯」で、その抜群の精度によりホビー用ルーターとは別次元の使用感を誇ります
他のリューター(ホビー用以外)を使ったことがなく、他の製品と比較したわけではないのですが、
狭い経験の中では間違いなくおススメの逸品です
ホビー用などのコードレスルーターは大雑把な加工、表面処理用ですね

関連記事
[ 2015/03/15 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL