HG「G-セルフ用オプションユニット 宇宙用パック」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「ガンダム Gのレコンギスタ」より、主役機Gセルフのオプションユニット「宇宙用パック」をレビューします

G-セルフ宇宙用バックパックはG系モビルスーツ用にアメリア軍が開発した汎用ブースターである。
当初はG-アルケインによって運用テストが行われるはずであったが、
拿捕したG-セルフに装着され目覚ましい性能を発揮したため、G-セルフによって実戦投入された。

HGSBPfG_r_.jpg


HGSBPfG_r_1.jpgHGSBPfG_r_2.jpgHGSBPfG_r_3.jpg
HGSBPfG_r_4.jpgHGSBPfG_r_5.jpgHGSBPfG_r_6.jpg
ランナー一覧とシール
スタンドはHG00シリーズでよく見たアレ

HGSBPfG_r_a1.jpgHGSBPfG_r_a2.jpg
パーツ数成型色製作時間
HG G-セルフ 宇宙用パック416色1時間半
HG Gセルフ 大気圏用パック(参考)2407色6時間
コアファイター&宇宙用バックパック
このキット単独でも並べて飾れるようになっています

クリアパーツはハメ殺し系で、ゲートの処理によってはきつ過ぎたりゆるくなりすぎることもあります
合わせ目がバインダーの正面にあり、そのままだと目立ちます
パーツのかみ合わせの都合で、ウイングの接続がやや不安定なので接着材があると安心です

HGSBPfG_r_e1.jpgHGSBPfG_r_e2.jpg
宇宙用パックはそれなりに重量があり、装備しての立ちポーズはギリギリ
スタンドなしでのポージングはほぼ不可です
バインダーがよく動くのでポージングの幅自体は広いです


HGSBPfG_r_b1.jpgHGSBPfG_r_b2.jpg
コアファイター
上面、底面、尾翼、キャノピーの計4パーツ構成、+スタンド接続用のパーツ付
コアファイターにはシールもないので、再現しようとすれば塗装が大変

HGSBPfG_r_b3.jpg
Gセルフと比較
かろうじて入るんじゃないかと思わせるサイズ感

HGSBPfG_r_c1.jpgHGSBPfG_r_c2.jpg
コアファイターはブースターと合体させることもできます
各種バックパックはコアファイターと接続できる設定で、Gセルフ付属の大気圏パックもコアファイターと接続できます


HGSBPfG_r_d1.jpg
画像下が今キット付属のアメリア軍製量産型ビームライフル
塗装なしだと比べないとわからない程度の違い
残念ながらライフル保持用のハンドパーツはGセルフのみに付属

HGSBPfG_r_d2.jpgHGSBPfG_r_d3.jpg
同じく画像下が今キット付属のトワサンガ製シールド
どうやらGセルフオリジナルのシールドらしい
こちらはGセルフとの接続パーツ付


HGSBPfG_r_f2.jpg
大気圏パック+アメリアライフル・シールド装備
物語序盤でよく見た装備

HGSBPfG_r_g1.jpg
宇宙用パック+オリジナルライフル+シールド装備
オープニングポーズ
やっぱりこの組み合わせが一番しっくりきます


HGSBPfG_r_f1.jpg
Gセルフ宇宙用パックの紹介でした

悪いところも取り立ててないのですが、今一つ魅力に欠けるキット
追加のハンドパーツとか、専用のスタンドとか、何かしらの売りが欲しかった
オプションパック単独の販売というのは個人的にはありがたいのですが、割高感はありますね
何はともあれ今後のオプションパックに期待です

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2015/01/08 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL