ガーベラ・テトラ製作記「デカール貼り編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーベラ製作、今回は当ブログ初の紹介、デカール貼りを進めていきます
使用するのは水転写デカール(スライドマーク)のベルテクスの「システムマーキングSS」
見ての通りとても小さなデカールで、MSの兵器っぽさを演出していきます

gt_s20_.jpg


gt_s20_a1.jpg
まずはデカールを定着しやすくるため、クリアー(光沢)を吹いておきます
つや消しでも定着させることはできるのですが、今回はドライブラシを定着させる意味合いもあります
なお、この時点でデカールの位置が決まってなかったので、全体にまんべんなく吹いています
貼る位置が決まっていればピンポイントで吹いていってもOKです


gt_s20_c1.jpg
デカールは1枚ずつ台紙ごとに切り出して使います
使用しているのはタミヤのデカールバサミ

gt_s20_c2.jpg
水転写デカールは水、またはぬるま湯に浸して使います
説明書などによると「10秒ほど」とのことですが、寒さもあって10秒で使えた事はありませんでした
とはいえつけすぎるとノリが落ちて定着しにくくなるので、基本的に1枚ごとに水につけます
作業効率を踏まえても2,3枚程度を限度ではないでしょうか

gt_s20_c3.jpg
しばらくつけたらキッチンペーパーなどで余分な水分を吸い取ります
“拭き取る”ほどは必要はなく、ポンとおいて自然に落ちる程度です

gt_s20_c4.jpg
浸した時間が十分になるとデカールが台紙の上を滑るようになります
この滑るくらいが水に浸す目安で、滑らないようであればまた水に浸します
横から滑らせてマークをパーツに持っていきます

gt_s20_c5.jpg
小サイズの場合、表面張力でどうしてもパーツにつかないことがあります
そんなときはデカールの余白を持ってパーツに置きます

gt_s20_c6.jpg
位置調整は湿らせた爪楊枝などを使うとパーツの上を滑ってくれます
とはいえあまり動かしすぎるとノリががなくなってしまうので、極力一発で決めます

gt_s20_c7a.jpg
位置が決まったら綿棒を上から転がし、余分な水分を取ると同時に定着させます
このとき“拭き取る”ようにするとデカールが動いてしまうので、“転がす”ことを意識します

gt_s20_c8.jpggt_s20_c9.jpg
仕上がりはこんな感じ
小さくてよくわかりませんが「DANGER」と書いてあります
機関砲のある部分なので、安全装置の確認などの注意事項が書いてあるんじゃないでしょうか

gt_s20_e1.jpg
定着しないようであれば、マークソフターをやや横から流し込むように塗ります
今回の製作でも使ってはいるのですが、マークが小さすぎて写真で伝えられないので記載だけ


gt_s20_d1.jpg
デカールも色によって隠ぺい力に差があります
使わないマークをためしに貼ってみて、色合わせを確認しておきましょう

gt_s20_d3.jpg
先ほどの「DANGER」や「CAUTION」などの目立たせたいものは白で、その他にはグレーのデカールを貼っています
グレーは遠目ではほとんど目立たないので、ほとんど遊び心です

gt_s20_d2.jpg
こちらはサーベルのグレーに赤のデカール貼った例
よーく見ないとわからないほどに目立たなくなっています
目立たないのもそれはそれでかっこいいので、全部そんな感じにするのも楽しそうです


gt_s20_f1.jpg
ここでちょっと次回予告
デカールは薄いシールのようなもので、ただ貼っただけでは余白や白浮きが目立ってしまいます
ここのままでもつや消しコートでごまかすことはできますが…
次回はこれを研ぎ出しして目立たなくしていきます

「今、製作の果てに見るものは」
デカール仕上げ

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/11/15 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL