ガーベラ・テトラ製作記「ウォッシング編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーベラの塗装編2回目、今回はウォッシングを施していきます
ウォッシング塗装そのものについてはジンクスの製作で詳しく紹介しているのでそちらで
今回は色合わせ+αのテクニックを紹介していきます

gt_s18_.jpg


gt_s18_a1.jpg
まずはグレー系のウォッシング用に、つや消しブラックを薄めた“墨”を用意します
なお、今回ウォッシングに使用するのは全てタミヤのエナメルフラットカラーです

最近は筆塗りに「お花パレット」を使っています
塗装皿を使う方がプロっぽいと思っていたのですが、最近はお花パレットの方がプロっぽいような気がします
素直に複数の色を使い分けるのにとても便利です
パレット自体は100円ショップで購入したもの

gt_s18_a3.jpg
薄め具合はこのくらいです
濃度は何とも言えないところですが、垂れるか垂れないかくらい
塗装中に揮発して濃くなっていくので、たまに薄めながらこの濃さをキープします
なお、ついてしまいがちなホコリはできるだけ取っておきましょう

gt_s18_a4.jpg
墨が乾燥すると画像の通り
ホコリはある程度目立たなくなりますが、拭き取りの安定のためにはなくしておいた方が無難です

gnx_p3_e2.jpg
ジンクス製作「ウォッシング編」より)
拭き取り用の紙や綿棒は、溶剤を含ませてキッチンペーパーで固く絞った状態で使います

gt_s18_a5.jpg
拭き取るとこうなります
溶剤を含みすぎると完全に取れすぎてウォッシングの意味がなくなってしまうので、
画像のようにぼかした感じにしていきます


gt_s18_a2.jpg
今回は薄めたものと濃いものの両方を用意します
薄めたものはウォッシング用、濃いものは塗装用です

gt_s18_b1.jpg
濃淡2種の塗料を使って、ダクトなどは黒く塗装、金属色表面は薄くウォッシング

gt_s18_b2.jpggt_s18_b3.jpg
拭き取ると画像の通り

2色を塗り分けてウォッシングする際には、1色目を拭き取ってから次を塗装すると作業が安定します


gt_s18_c1.jpg
黒の塗装は筆塗りのフォローにも使えます

gt_s18_c2.jpggt_s18_c3.jpg
同じように奥まった部分を黒で塗装、周りを薄くウォッシング、そして乾燥

gt_s18_c5.jpg
拭き取ると画像の通り
はみ出し跡もなかったかのようになります
逆にフォローできる奥まった部分をはみ出していいものとして塗装すると筆塗りも安定します

gt_s18_f1.jpg
黒の塗装は塗り忘れた部分のごまかしにもつかます
画像の黒塗りはバーニアノズル奥のフォローです


gt_s18_d1.jpg
赤いパーツのウォッシングには茶色を使います
ウォッシングに使うカラーは基本的に[下地色+黒]です

gt_s18_d2.jpg
先ほどのブラウンに少量のホワイトを加えた色が実際に使う色になります
こちらを薄ーく塗装していきます


gt_s18_e2.jpg
ウォッシングは流れ込み防止のためある程度ばらして塗装しますが、拭き取りはある程度組んで行います
組んでおいた方が残す影の調整がしやすくなります

gt_s18_e1.jpg
合わせ目消し、塗り分けのために分割していたライフルも接着しながら組んでいきます
仮組み時には冷や冷やでしたがちゃんと形になりそうです
持ち手部分の確保のために真ん中はそのまま分割しておきます


gt_s18_g1.jpg
仕上げに全体に軽ーくつや消しコートし、ウォッシングの墨を定着させます
必須の作業ではない、というか今まではしていない作業なのですが、今回は念のため

gt_s18_h2.jpg
なんとも渋ーい色味になります
少しウォッシング用の塗料が濃かったかもしれませんが、今回はおそらくこれでOKです
ジンクスのウォッシングの際にはそれだけで仕上げる“スミ入れ”の意味合いが強かったのですが、
今回はその後にドライブラシを控えているのでやや濃いめにしています

それでも下地で陰影をつけているのでやっぱり濃かったかなーとも…
仕上がりは次回紹介です

「ドライブラシ、それは、作られた光」
ドライブラシ

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/11/08 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL