MG1/100「ターンX」“グラデーションパール” このエントリーをはてなブックマークに追加

∀ガンダムより、ギンガナムの搭乗するラスボス機、ターンX完成です
レビューからちょうど四か月、基本を丁寧にこなし、
パールカラーをつかった「動かしてかっこいい」機体に仕上げています

MGtX_c_d4.jpg
レビューはこちら
製作記は以下から
1.保持見直し編 2.表面処理編 3.陰影塗装編 4.パール塗装編 5.仕上げ編

総画像数228


MGtX_c_1.jpgMGtX_c_2.jpg
MGtX_c_4.jpg
MGtX_c_3.jpg
配色
カラー1カラー2カラー3カラー4カラー5
本体ライトグレーメイン:ライトグリーン
影:ダークライトグリーン
ホワイトグリーンディテール塗装
金、銀、鉄、黒
ウレタンクリアF50%
本体グレー雲母堂CCブラック
→Cブラックイエロー
ディテール塗装
金、銀、鉄、黒
ウォッシング
影:クリアブラック
クリアイエロー
ウレタンF50%
キャラパスブルー雲母堂PCディープブルー
→Cクリアブルー
ディテール塗装
金、銀、鉄、黒
ウォッシング
影:クリアブラック
クリアレッド
ウレタンF50%
キャラパスグレー雲母堂CCブラック
→Cクリアブラック
ディテール塗装
金、銀、鉄、黒
ウォッシング
影:クリアブラック
クリアイエロー
ウレタンF20%
武器雲母堂CCブラック
→Cクリアブラック
ディテール塗装
金、銀、鉄、黒
ウォッシング
影:クリアブラック
クリアブルー
ウレタンF20%
色レシピ
※Mr.カラー=[Mr.]、ガイアカラー=[Ga]と略
レシピ
ライトグレーMr.ホワイト+MSディープグリーン(1:少量)
ダークライトグレーライトグリーン+MSディープグリーン+Mr.ブラック(3:1:1)
ホワイトグリーンWAVEホワイトグリーン+雲母堂パールプレミアム(1:1)
CブラックイエローGaEXクリアー+Mr.クリアイエロー+Gaクリアブラック(2:1:1)
CクリアブルーGaEXクリアー+Mr.クリアブルー(1:1)
CクリアブラックGaEXクリアー+Gaクリアブラック(1:1)
ディテール金Mr.クロームシルバー+Gaスターブライトゴールド(1:1)
ディテール銀Mr.クロームシルバー
ディテール鉄Mr.クロームシルバー+Mr.ブラック(1:1)
ディテール黒タミヤエナメルブラック(つや消し)
ウレタンF50%ウレタンクリア+Mr.フラットベース・なめらかスムース(50%添加)
ウレタンF20%ウレタンクリア+Mr.フラットベース・なめらかスムース(20%添加)
色数の少ない機体なので、そのぶん塗装にはこだわりました
同じグレーでもコートで色味を変えることで別素材感を出してします

MGtX_c_a1.jpgMGtX_c_a2.jpg
背面ディテール
装甲をマットに仕上げるのに対しフレームはつやを出し、金属の“生っぽさ”を重視
ディテールも塗装で強調しています

MGtX_c_b1.jpgMGtX_c_b2.jpg
キャラパスと付属品
それぞれの色の差は比べてわかる程度ですが、独特のごちゃごちゃした感じを出せたと思います

MGtX_c_b5.jpg
ギンガナム御大将
我ながら遠目で見た時のカッコよさはなかなかの物(笑)

MGtX_c_c1.jpgMGtX_c_c2.jpg
ビームライフル装備

MGtX_c_c3.jpgMGtX_c_c4.jpg
バズーカ装備
後部のスライド機構はいろいろ考えた末、オミットしました

MGtX_c_c6.jpg
ハンドガン装備

MGtX_c_c5.jpg
ロケットランチャー

MGtX_c_d1.jpg
右腕、溶断破砕マニュピレーター
右腕の傷の強調が最大の変更点かも

MGtX_c_d5.jpgMGtX_c_d6.jpg
シャイニングフィンガー
保持は最後まで調節し、複雑なポージングもがっちり保持できるようにしてあります

MGtX_c_e1.jpg
エフェクト装備
閉じてサーベルっぽくするのが個人的にお気に入り

MGtX_c_e4.jpg
ヒートエンドォ!!
ディアナがそんなに好きかー!!
エフェクトは見せ方次第でかなり映えます

MGtX_c_f1.jpgMGtX_c_f2.jpg
オールレンジ攻撃、ブラディ・シージ
塗装後も保持を調整し、分離・合体をしやすくしています

MGtX_c_z.jpg
パッケージイラストっぽく

今回の隠れテーマとして“ヒロイック”というものがありました
黒歴史上の文明を守るために最後まで戦った英雄でありながら、どこか量産機然としたカラーリングを、
ギリギリ劇中のイメージを変えない範囲でワンオフ機のようなカラーリングに寄せています

また、「フレームはライトグリーンに近いイエローに寄せる」、
「武器はフレームや本体から離れた色かつキャラパスに近いブルー系」、
「ディテールは極力塗り分けて強調する」「動いて印象を変えるように陰影をつける」など、
ロジカルに“カッコよさ”を突き詰めてみました

これまで様々な塗装を試してきましたが、自身のパールカラー集大成です

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/10/17 00:00 ] ギャラリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL