MGターンX製作記「その他仕上げ編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ターンX製作記ラスト
今回はここまで紹介していなかったフィギュアやクリアパーツを塗装していきます

MGtX_s5_.jpg


フィギュア塗装
MGtX_s5_a.jpg
ギンガナムフィギュアを塗装していきます
ひとまずサフを吹いて形状をチェック

MGtX_s5_a3.jpgMGtX_s5_a1.jpg
下地として塗り分けられる範囲でラッカーで筆塗りしていきます
色レシピは、
肌:Mr.ホワイト+Mr.キャラクターフレッシュ(2:1)
服(グレー):Mr.ホワイト+Mr.パープル(1:少量)
服(黒):Mr.ブラック+Mr.ブルー(2:1)
靴:Mr.ブラック
髪:Mr.ブルー+Mr.レッド(1:少量)
左腕:GaEXシルバー
胸元マーク:Mr.ホワイト
となっています(Mr.カラー=[Mr.]。ガイアカラー=[Ga]と略)

MGtX_s5_b1.jpgMGtX_s5_b3.jpg
タミヤのアクリル塗料で傷や目の隈取(?)を塗装

MGtX_s5_b2.jpg
アクリル塗料は溶剤で湿らせた爪楊枝で擦ると取れます
アクリル塗料はラッカーに干渉しないものの、エナメルほどはきれいに拭き取れません
塗膜自体は弱めなので、やや強め擦ると剥がれます

MGtX_s5_c1.jpgMGtX_s5_c2.jpg
顔などの肌の部分をクリアオレンジでウォッシング
アクリル塗料とエナメル塗料はほとんど干渉しないので、ウォッシングのような拭き取り塗装も可能です

MGtX_s5_d1.jpg
続いて服の部分をグレーでウォッシング

MGtX_s5_d2.jpgMGtX_s5_d3.jpg
さらに服の部分にブラックを少量混ぜたホワイトでドライブラシ

MGtX_s5_e1.jpgMGtX_s5_e4.jpg
続いて髪の部分をクリアレッドを少量混ぜたクリアブルーでウォッシング

MGtX_s5_e5.jpg
続いて青を少量混ぜたホワイトでドライブラシ
基本に沿って奥まった部分から塗装することで、失敗のリスクを減らせます

MGtX_s5_f1.jpg
仕上がりはこんな感じ
やや極端になってしまいましたが、スケールを考えるとありではないでしょうか

MGtX_s5_f2.jpg
コクピット用のフィギュアもほぼ同じように塗装しています


クリアパーツ
MGtX_s5_g1.jpg
右手展開部分のクリアパーツ
表面を蛍光イエロー系(Ga蛍光イエローをベースに蛍光レッドなど少量)、裏面をガイアのEXシルバーで塗装しています
ビーム発振部分は拭き取って成型色のクリアに

MGtX_s5_g2.jpgMGtX_s5_g3.jpg
カメラアイ部分は裏面にのみ蛍光イエロー系→CCブラックパールと塗装
裏から見ても自然に見えるように塗装しています

MGtX_s5_g5.jpg
右腕エフェクトパーツには、
ディテールの谷間に沿ってWAVEパールホワイトイエロー→全体に蛍光イエロー系を塗装
細かいところでは軸を少し削って保持調整

MGtX_s5_g4.jpg
胸の傷部分には裏面から蛍光イエロー系を塗装しています
その他のクリアパーツは塗装せず、成型色のまま仕上げています

なお、クリアパーツは全て仕上げに表面をGaEXクリアーでクリアコートしています

その他のコートにはウレタンクリアを使用し、
装甲のライトグリーン、キャラパスのディープブルーはつや消し(フラットベース50%添加)
メタリックブラック系は半光沢(フラットベース20%添加)としています
効果のほどは完成品を
(ウレタンクリアについてはこちらで紹介)

今回の製作では陰影によるディテールの強調やフレームの金属感、
反対色による別パーツ感などを重視して製作しました
見比べないとわかりにくい部分もあるので完成をお楽しみに

次回、ターンX製作記
完成

「風よ、飛べ」

関連記事
[ 2014/10/15 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL