MGターンX製作記「保持見直し」 このエントリーをはてなブックマークに追加

初のマスターグレードの製作記、MGターンX製作開始です
今回はプラリペアを使って保持力を強化します
武器マウントの干渉部分も削って修正します

HGtX_s1_.jpg
「MGターンX」レビューはこちらから


MGtX_s1_a1.jpg
ターンXの肩関節はこんな形
5mmと太く、ロック機構用の溝があったりとやや複雑な形状

今回の保持強化は奥の溝部分を埋めることで行います
埋めに使うのはプラリペアというプラスチックの粉を使うパテのようなものです

MGtX_s1_a2.jpg
まず埋める部分に液剤を塗って、粉を定着しやすくしておきます

MGtX_s1_a3.jpgMGtX_s1_a4.jpg
細かい粉のコントロールにはスポイトが有効です
スポイトで粉を吸い上げて水平方向に傾けて一定量取り、
垂直方向に少しずつ傾けていくことで、粉をピンポイントにかけることができます

MGtX_s1_a5.jpg
粉をかけたら硬化液をかけていきます
一度に盛ろうとせずに、何度かに分けておくと隙間なく密着していきます
プラリペア付属のスポイトに、瞬間接着剤用の隙間ノズルを接続して使っています

MGtX_s1_a6.jpg
接着剤用のハケを使って塗ることもできます
使っているのはタミヤのプラセメント(流し込みタイプ)のハケです

MGtX_s1_a7.jpg
硬化直後はこんな感じ
硬化時間は5分~1時間ほど
溶剤分によって硬化時間が変わるので、何か硬いもので押してみて確認してください

MGtX_s1_a8.jpg
やすり掛けして太さを調節します
良くも悪くもキットのプラより硬いので、力を入れ過ぎて不要な部分まで削ってしまわないように注意しましょう
削り過ぎた場合には液剤を塗って粉を振り掛け、また液剤を塗って定着させる方法で微調整できます

やや特殊なやり方ですが、密着部分を広げることで保持力を上げています
他にも接着剤を使って軸を太くする方法もありますが、
プラリペアには硬度・定着力があるのでより安定します


続いてバックパック、キャラパスの加工
MGtX_s1_b1.jpgMGtX_s1_b2.jpg
武器のマウントは後部を接続する仕組みです
つまりマウント部分の幅を広げても問題ないので削って広げます

MGtX_s1_b3.jpg
ヤスリにプラバンで当て木をして削っていきます
外装で隠れる部分なので、荒目でワシワシ削っていきます

MGtX_s1_b4.jpg
バズーカマウント部分の保持は弱いので、こちらはプラバンとプラリペアを併用して強化しています
また、バズーカ後部はなぜか膨らんでしまう部分があったので、削って修正しています

MGtX_s1_b5.jpg
接続すると画像の通り

MGtX_s1_b6.jpg
ちなみに加工してもバズーカのマウントはこの角度で抜き差ししないとパーツが干渉します
バズーカ後部は円形に見えて縦幅が少し大きくなっています

MGtX_s1_b7.jpg
カバーをすると画像の通りです

ターンXには摩耗の少ないプラ素材がつかわれているので、
「それを瞬間接着剤で削ってしまうのはいかがなものか」と、今回はプラ素材であるプラリペアを使いました
こちらも摩耗することはほとんどありません

プラリペアはやや扱いにくいアイテムですが、なかなかの応用力があります
プラリペアの基本的な使い方はこちらの公式サイトをご覧ください

次回、ターンX製作記
表面処理

「サーフェイサーの風が形を作る」

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/06/19 00:15 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL