MG「CONCEPT-X 6-1-2 ターンX」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

∀シリーズのレビューも12体目
今回はMG「ターンX」(ターンエックス)をレビューします

月の部門を司るギンガナム家の当主、ギム・ギンガナムが搭乗する機体
太陽系外から漂流してきた機体で、かつて外宇宙へと旅立ったニュータイプ達が作り出したMSとされる
このターンXをもとに地球圏で作られたのが「∀ガンダム」であり、
∀とターンXの争いをもって、地球の歴史は黒歴史として埋葬されたのである


MGtX_r_.jpg


MGtX_r_1.jpgMGtX_r_2.jpg
MGtX_r_4.jpg
MGtX_r_3.jpg
パーツ数成型色製作時間
MGターンX2707色10時間
MG∀ガンダム(参考)2557色7時間半
1パーツが大きく、小パーツが少ないため、箱の大きさや値段の割にパーツ数は少なめです
説明書を見て驚いたのですが、ターンX本体はスチロール樹脂(PS)パーツのみで構成されています
PS素材といっても特殊な加工がされているようで、パーツ同士の干渉で削れることはほとんどありません
なお、ディスプレイベースにはABS素材が使われています
合わせ目は全てモールドに合わせていて、武器を含めて合わせ目消しが必要な部分はありません

オールレンジ攻撃の分割部分は角型になっていて、抜き差しを可能にしつつ可動には影響しません
抜き差しに耐えるために、可動部はカチッとはめ込む仕組みになっています
差し替えるさいに可動部から抜けることはまずありません

左右非対称のデザイン、キャラパスなどによる重心のずれでうまく立たせることはやや難しいです
接地はつま先とカカトでするやや特殊なものですが、足首の可動もいいので接地はいいです


MGtX_r_a1.jpgMGtX_r_a1b.jpg
説明書にていくつか設定の解釈がなされました
相変わらず「~らしい」、「~とされる」ばっかりですが
「原則的には~中略~各シリーズと今後発表されるであろう“ガンダム”も“黒歴史”の一部として包含される…」
と、SEED、00、AGEも黒歴史に含まれると明言されました
わざわざ「『ガンダムビルドファイターズ』は除く~」と名指しで省かれていますが、
SDガンダムが含まれている可能性などを考えると黒歴史の中にあってもおかしくないような…

MGtX_r_a2.jpg
説明書にはランナーの色も書いてあって探しやすいです
最近のキットはMGといっても作りやすくなっています


MGtX_r_5.jpgMGtX_r_6.jpg
シールとデカールはこちら
色分けやディテールの表現はほぼ完ぺきで、シールはほとんど演出用です
“∀マーク”のマーキングや“DIANNA COUNTER”のデカールもあるでのMG∀用という部分もあるのではないでしょうか
レビューではシールもデカールも使用していません


MGtX_r_7.jpgMGtX_r_8.jpg
スタンドがあるので使った方が安定します
ディスプレイベースはバックパック(キャラパス)と本体の付け根に接続


MGtX_r_b1.jpg
胴体のX字の損傷痕にクリアパーツが使われています
いくつかのモールドに仕込まれたクリアパーツは、メカニックを強調する使い方がされています


MGtX_r_b2.jpg
Xトップに搭乗するギンガナムはマゲまで再現されていて良く出来ています

MGtX_r_b3.jpg
そのXトップには展開ギミックがあります
可動部の影響でギンガナムは良く見えないのですが、動きが劇中と同じで動かして楽しいです

MGtX_r_b4.jpg
目にはシールがありますが、クリアパーツ裏面にはツインアイがあります
裏面にシルバーを塗装するなど、様々な表現ができそうです


MGtX_r_b5.jpg
左手のハンドパーツは4指を差し替えることで表情を変えるという仕様
差替えの手間はありますが、それぞれで親指を動かせます


MGtX_r_c1.jpg
背部バックパック「キャラパス」のアップ
バズーカやライフルの保持は強く、ひっくり返しても落ちないものの、パーツの干渉が心配です

MGtX_r_c2.jpg
劇中未装備の武器は接続パーツごと取り外すこともできます

MGtX_r_c3.jpgMGtX_r_c4.jpg
キャラパス背面とキャラパスを外したターンXの背面
キャラパスは本体のみに17パーツ、武器を含むと39パーツと、複雑なパーツ構成でユニットの複雑さを表現
ダークブルーをはじめターンX本体とは別の成型色が使われていて、別パーツであることが演出されています

MGtX_r_e1.jpgMGtX_r_e2.jpg
背中にはロック機能があり、パーツが多いぶん重くなったキャラパスを装備しても安定して支えます

MGtX_r_e4.jpgMGtX_r_e3.jpg
ロックを外していても一応、キャラパスを装備してのポージングが可能です
とは言え飾っておくには安定のためロックしておいた方が無難です


MGtX_r_d1.jpg
MG∀との比較
パーツ数はさほど変わりませんが、かなり大柄になっています

MGtX_r_d2.jpg
1/100ギム・ギンガナム付属
ロランと比較するとターンXと∀の体型差に近いです


MGtX_r_f3.jpg
ビームライフル装備
「∀が装備するビームライフルと同系統に属すると思わしき形状」とのこと
キャラパスにはターンXとは別に発掘されたという説もありますが、これをもとに∀が作られたとするとまたややこしい

MGtX_r_f2.jpg
ライフルは∀と同じように上の取っ手を持つこともできます

MGtX_r_f4.jpg
バズーカ装備
実体弾を発射するが、炸薬(通常の火器)か電磁気的なもの(レールガンなど)かは不明とのこと
武器はキャラパスに収納することで補充やメンテナンスが行われているらしいです
説明書にていくつかの謎が解決することになりましたが、また謎を増やしてくれました

MGtX_r_f6.jpgMGtX_r_f5.jpg
劇中未使用装備、ハンドガン
劇中未登場ではありますが、ムーンレィスが使うハンドガンが似たような形をしています

MGtX_r_f1a.jpg
こちらも未装備のロケットランチャー
持ち方の分からない武器でしたが、上の取っ手部分を持つようです
なんだかヤーさんのセカンドバックみたい

これらの装備は「武器のイメージラフが欲しい」というオーダーに対し、ミード氏が1日で書きあげたらしいです


MGtX_r_g1.jpgMGtX_r_g6.jpg
溶断破砕マニュピレーター
展開部にはクリアパーツが使われていて、メカっぽい雰囲気を表現しています
接続ピンにはマイナスモールドがあるという芸の細かさ

MGtX_r_g3.jpg
展開「シャイニングフィンガー」
「機体のデータベースに“シャイニングフィンガー”の名で登録されている」とのことですが…、そんなバカな

MGtX_r_g4.jpg
ビームエフェクト表現用のクリアパーツが付属します
ディテールは悪くないのですが、もう少し太くあってほしかった

MGtX_r_g5.jpg
エフェクトを装備したまま閉じることでビームサーベルっぽく出来ます
こうなると薄い形状が生きます


MGtX_r_h1.jpgMGtX_r_h1b.jpg
オールレンジ攻撃「ブラディ・シージ」
展開を表現できるディスプレイベース並びにアームが付属します
アームは固定式で差し替えることで角度を変えることができます

MGtX_r_h3.jpg
ディスプレイベースと腰のギミックにより「データ解析」を表現することができます
固定式なので高さを調整するのがちょっと難しい

MGtX_r_h2.jpg
ディスプレイ背面、というか“あのシーン”イメージ
スタンドは支柱などに負荷がかかるため、強度面に不安はあるものの様々なポーズで固定できる優れもの


MGtX_r_z.jpg
MGターンXのレビューでした

全てをPSパーツとすることでギミックを再現した意欲作
クリアグレーのパーツを随所に配置することで高級感もあります
ただ、抜き差しのギミックが多く、パーツ密度の高いパーツを保持するには若干問題があるようで、
実際にレビュー用の撮影中にも右肩がヘタってきました
組み立てやすくはあるものの、独特の難しさを持ったキットでもあります

ディテールとギミックに関しては文句なしです

(2014/6/19:追記)
製作開始!



「∀ガンダム」レビュー一覧
(旧キット)1/144「∀ガンダム」レビュー
(旧キット)1/144「フラット」レビュー
(旧キット)1/144「カプル」レビュー
(旧キット)1/144「シルバースモー」レビュー
(旧キット)1/144「ゴールドスモー」レビュー
(旧キット)1/144「ターンX」レビュー
(旧キット)1/100「∀ガンダム」レビュー
(旧キット)1/100「ゴールドスモー」レビュー
HGCC「∀ガンダム」レビュー
MG「∀ガンダム」レビュー
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/06/17 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL