HGターンエー製作記「肩アーマー仕上げ編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

HGターンエー製作、肩アーマー可動3回目
先回のA案、B案は可動部の試作でしたが、今回は本体との調整と左右の整合性を取るための製作です

HGtA_s3_.jpg


HGtA_s3_a1.jpg
可動追加により肩関節から動かす必要がなくなったので、元の可動を接着します
胴体と平行にしやすいように組んだまま接着しています
ある程度硬化したら、外して本接着を

HGtA_s3_a2.jpgHGtA_s3_a3.jpg
硬化したら、いらない部分を切り取って、削っていきます
接着により強度が上がっているので、ある程度小さくしても問題ないです

HGtA_s3_a4.jpg
画像のように、肩関節と同じ幅になるくらいにします

HGtA_s3_a5.jpg
肩アーマーの干渉していた肩の前後可動が機能するようになりました
広がった可動範囲は微々たるものですが、干渉しないのはいいことです


HGtA_s3_b1.jpg
可動範囲を広げるのは、前述のように干渉する部分を削るだけでいいのですが、周りの部分も削って仕上げます
それほど見える部分ではないのですが、不要な部分を整えておくと機能美としてきれいに仕上がります

HGtA_s3_b2.jpg
接続パーツは左右見比べて同じように仕上げます
軸の大きさが違うので、多少違うのは許容範囲です

HGtA_s1_d3.jpgHGtA_s3_b3.jpg
右肩の可動部分(A案)はポリキャップが透けて見えるほどに限界まで削っておきます
予想以上に強度があったので、一部ポリキャップがむき出しになるまで削ってもよさそうです

HGtA_s3_b4.jpg
アーマーも不要な部分を削って、左右が同じになるように整えます


HGtA_s3_c1.jpg
左肩は背中側のアーマーと少しずれがあったので、接続部分を曲げて補います
動かした画像を見ても違和感ないくらいには仕上げましたが、やっぱりB案は難しいです

HGtA_s3_y.jpg
左右別パーツを作ることになりましたが、位置合わせなどは特に問題ないように見えます

HGtA_s3_z.jpg
“人は癒され、ガンダムを呼ぶ!”
HG∀はすごく良いキットだとは思うのですが…、「コレができなきゃヒゲじゃねえ!」という部分が多いんです
その最たるものが腕を掲げたポーズで、ここだけは意地でなんとか仕上げました

可動の追加は、
1.可動パーツの試作
2.可動域、干渉の確認
3.本体との調整(左右の調整)
と、大まかに3つの過程を経て完成します
今回のターンエー製作ではこの過程ごとに記事としてまとめてみました
“作る”よりも“確認して調整する”工程の方が多いです

次回、∀製作記
肘可動追加

「風が記憶を呼び覚ます」

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/04/21 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL