(旧キット)1/2400「ザンジバル」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は旧キット、ベストメカコレクションより、1/2400「ザンジバル」をレビューします
ベストメカコレクションとはバンダイの初期のプラモデルブランドで、
ベストメカコレクションの第4弾として発売されたのが初代ガンプラ「1/144ガンダム」でした

ザンジバル級機動巡洋艦。
大気圏への突入と航行が可能なジオン軍の新型高性能巡洋艦。
大気圏外へ離脱するときには、巨大なブースターを艦尾に装着する。
同じザンジバル級として「マダガスカル」「ケルゲレン」などがある。


Bzac_r_.jpg


Bzac_r_1.jpg
Bzac_r_2.jpgBzac_r_3.jpg
パーツ数成型色製作時間
1/2400ザンジバル331色1時間(1時間半)
(カッコ内は乾燥時間含む製作時間)
ほぼモナカ構造で合わせ目は見ての通りですが、ディテールは良く出来ています

ベストメカコレクションシリーズの組み立てには接着剤が必須で、接続用のダボがあっても基本的にゆるゆるです
今回のレビューでは仮組みのために接着は最小限にとどめています

古いキットゆえにバリが多く、バリだかゲートだかモールドだかよくわからない部分が多いです
接着部分にゲートやバリやパーティングラインがあることも多いので、組み立てにはそれなりの技術が必要です

Bzac_r_4.jpg
旧キットといえばコレ、ランナーに塗装部分が指示された「塗装図」が説明書に記載されています
ただし、このやり方で塗装すると接着剤で塗装が落ちてしまうことがあるので注意が必要です

Bzac_r_5.jpg
付属の台座にはザンジバルの名が刻まれています
ご丁寧にスケールまで書いてあるので、ちょっと“商品名”という感じがします

Bzac_r_a2.jpg
旧キットといっても銃身などの先端部分も鋭く、主翼の厚さは0.5mm弱という最新キットにもない薄さ
なお、この先端でビラビラしているプラスチックがバリというやつです

Bzac_r_a1.jpg
接着の最難関といえるのがこの主翼部分
平な場所において、ぎりぎり床に着くような角度で接着します

Bzac_r_a3.jpg
主翼上の機関砲は接着する方向によって向きを変えることができます
穴や軸があるわけではないので可動はしません
というか、このキットに可動部分はありません

Bzac_r_d1.jpg
1/2400のプラモは手元になかったので様々なスケールと比較
左から1/2400ザンジバル、HGM1/550ザクII(F2型)、(食玩)1/200ガンダムMkII、FG1/144ザクII
スケールが合ってるのかどうかわかりにくいですが、
尾翼を含む全長が約106mm(×2400=254.4m)で設定が255mなのでだいたい合ってるかな
完成品としては1/144スケールのMSより小さいサイズになります


Bzac_r_b1.jpgBzac_r_b2.jpg
大気圏離脱用ブースター装備
こちらは艦尾に接着することになるので一度取り付けたら外せません
ブースターは6基のロケットが取り付けてあるような構造なのかな?

Bzac_r_b3.jpg
接着最難関その2
ブースターの羽は1枚1枚角度を調整しながら接着することになります
接着待ちが必要な部分はここと主翼だけなので、1日で完成させることができます


Bzac_r_c3.jpgBzac_r_c2.jpg
艦艇には着陸状態用の車輪を接着することができます
こちらも飛行状態か着陸状態を選んで接着するパーツです
こちらの車輪は丸いだけではなくホイール部分も確認でき、なかなか良く出来ています

Bzac_r_c1.jpg
ただしこの車輪、実際に着陸させるとほとんど見えません
主翼を床に着けない実用性と遊び心を兼ね備えたパーツでもあります


Bzac_r_z.jpg
ベストメカコレクション、ザンジバルのレビューでした

ただそこにいるだけで遠近法を感じさせる大きさ
ディテールは良く出来てますし、前方の機関砲がナマズのヒゲみたいでかわいらしい顔してますし、
さすが初代ガンプラブームを起こしたシリーズだけあって、なかなか良いキットです
値段が10倍違うEXモデルシリーズと比べてはいけません
MSの後方に配置するディスプレイとしてこれ以上ない出来ではないでしょうか

接着はそれなりに難しいので塗り合わせで仮止めして流し込みで固定するような接着法をお勧めします

定価は300円+税
旧キットの値段はアマゾンでは不安定なので記載しておきます
工具も値段の違う同じものが別ページにあったりするので注意してください
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/04/16 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL