ティエレン製作記:表面処理編 このエントリーをはてなブックマークに追加

工作編の仕上げ!
表面処理です
1/100ティエレンはディティールがものすごいもので…
ちょっと変わった処理をしています
鉄人 工作 フル2
「ヘイ旦那!今日はドコ掘りやしょ!?」



1/100ティエレンはメカニカルディティールって仕様で、えらくディティールが細かいんです

ですので…、合わせ目は消さず、あえて強調する方法をとっています
キットの合わせ目を、設定上のモールドとして解釈しようって考え方です

まずはこちら↓
鉄人 工作 腕1
左が合わせ目を強調した物、右が未処理の物です
合わせ目をあえてスジ彫りしています
こうして一本に並んでいると目立ち過ぎますが…
実際に可動させるとさほど違和感はありません

その工程がこちら↓
鉄人 工作 腕2鉄人 工作 腕3
組んだまま合わせ目にスジ彫りして→毛羽立ちをやすりでおさえます
スジ彫りにはスジボリ堂の0.2mmタガネを使っています

タガネは簡単に凹のモールドが彫れてすごく便利なんですが…
やや手に入りにくいんですよね(値段とか含めて…)

ですので、タガネを使わない方法がこちら↓
鉄人 工作 腕4
まずはデザインナイフなどを使って、V字に、合わせ目を出していきます
鉄人 工作 腕5
続いて、その合わせ目を紙やすりで削って…
鉄人 工作 腕6
凹モールドにします
この方法だと、毛羽立ちもある程度は抑えられます

アームパーツは後ハメ加工が難しいので、
分割して塗装できるようにこの手法をとっている意味合いもあります

続いて脚部↓
鉄人 工作 足1鉄人 工作 足2
左足が未処理の物、右足が強調した物
1/100ティエレンの脚部はもともと、キットの合わせ目をモールドとして処理してあります
(ならアームパーツもその考え方でいいんじゃない?ってことで腕も同様の処理)

腕同様、後ハメがシビア…ってのもありましてこの手法

鉄人 工作 足3
↑合わせ目に説得力を持たせるために、あえてスジ彫りをする部分もあります
膝関節部分にあった合わせ目は片側だけでしたが、両側にスジ彫り

続いて…
鉄人 工作 肩1鉄人 工作 肩2
合わせ目をしたり、しなかったりしてリアリティを増すパターン
上面は一体パーツとして処理して、側面は複雑に分割されたパーツとして

ここは一体パーツか?別パーツか?なんて考えながら合わせ目消しをするポイントを決めていきます
(難しく考えなくても、面倒だな…ってとこはモールド、って感じでも全然いいです)

鉄人 工作 肩3
こちらは…、処理が複雑で逃げだしたパターン(汗

やすり掛けしにくい複雑なポイントはモールドにしてしまいましょう

自分の技術に合わせた処理をすることで、よりきれいに仕上がります

鉄人 工作 フル3
これにて工作編は終了~…
今のところ色のせいで“現場主義”っていうより自衛隊って感じですね(汗
カラーリングでどこまで個性を出せるかな…

1/100ティエレン、出来が良過ぎるんですよね
メカニカルディティールのその名の通り、ありあらゆるところにリベットが打ち込んである
そしてリベットにはもれなくパーティングラインがついてくる…orz

これ塗装したら決まるだろうな~

次回を待て!


残念ですが私用によりまたしばらくアップ出来そうにありません…
おそらくゴールデンウィーク中にアップ完成です
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2011/04/27 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(2)

5: oru (2011/05/03 17:27)

はじめまして
この度は相互リンクしていただき誠にありがとうございます!
丁寧な解説に”なるほど!”と思わされる工作と
大変勉強になります
今後とも何卒よろしくお願いいたしますm(__)m

6: つくる人 (2011/05/03 18:21)

こちらこそ相互リンクありがとうございます!
きれいな完成品とサイトレイアウトにこちらもとても勉強になります

これからもよろしくお願いします

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL