HGCC「ターンエーガンダム」レビュー このエントリーをはてなブックマークに追加

HGオールガンダムプロジェクト第9弾、作るのは個人的に2体目、
「∀ガンダム」(ターンエーガンダム)より主役機、∀ガンダムをレビューします

マウンテンサイクルに“ホワイトドール”として祭られていた神像から現れたMS
かつて“月光蝶”と呼ばれるシステムによって地球圏の文明を滅ぼした機体であると、
埋葬された歴史、“黒歴史”に記録されている


HGtA_r_.jpg


HGtA_r_1.jpgHGtA_r_2.jpg
HGtA_r_3.jpg
パーツ数成型色製作時間
HGCCターンエーガンダム1007色4時間
HGUCV2ガンダム(参考)1326色3時間
サイズの違いもありますが、V2より値段は高いのにパーツは少なめ
合わせ目は頭、上腕下腕、上下ふくらはぎと、最近のキットにしては少し多め

独自の関節やギミックの多い機体ですが、再現しつつもしっかりした作りになっています
各関節の保持力が高く、ポージングはがっちりと決まります

HGtA_r_5.jpg
ポリキャップが“白”というちょっと珍しい成型色になっています
これにより肩関節のポリキャップは目立たないのですが、股関節のポリキャップは少し目立ちます

HGtA_r_4.jpg
シール一覧
今回はすべて貼った状態でレビューしています
シールは溝の部分に多く使用され、あえて貼っていますが塗った方が楽そうです
他にはライフルの赤い部分が全てシールです

HGtA_r_6.jpg
両方の平手と武器保持用の握りこぶしの2種4個
ハンドパーツには“シワ”が多く、小さいですがターンエーの特徴をしっかりととらえています
平手の表情の“わかってる”感もすごく良いです

HGtA_r_7.jpg
コクピットアップ
パイロットをクリアパーツで透けさせる仕様です
パイロットのディテールは頭と操縦桿は確認できる程度の微妙なもの
サーベルをのぞけばクリアパーツはこのワンパーツにのみ使用


HGtA_r_d1.jpg
すねには前後の可動があります
珍しい可動ですがターンエーの特徴でもあります
すねの可動に合わせてスラスターベーンも可動するという芸の細かいもの

HGtA_r_d2.jpg
肩アーマーの干渉により腕を上にあげることができず、画像の位置くらいが限界です
旧キット、MGではできた肩アーマーの回り込み可動がHGで出来なくなっています
加工により回り込むように出来るとは思いますが、強度が怪しいです
キットも強度の問題で見送られたのでしょうか

HGtA_r_d3.jpg
旧キットでは胸部の青い部分からひねる可動でしたが、赤い胴の部分が可動するようになりました
そのため少し胴がくびれてます

HGtA_r_d4.jpg
首にはポリキャップを覆うようなプラパーツがあり、特徴的な首をよく表現しています
そのぶん白いポリキャップがちょっと目立ちます

HGtA_r_d6.jpg
新旧比較
旧キットがえらく黄ばんでいるように見えますが、そういう成型色だったんです


HGtA_r_f2.jpg
マルチパーパスサイロとビームキャノンは差し替えで再現
パーツ全体でふたをするような差替えで、干渉を控えています

HGtA_r_f1.jpg
旧キットではミサイルだけでしたが、その下のビームキャノンも追加されました
「やったぜフラン砲」とよばれてるやつですね


HGtA_r_e1.jpgHGtA_r_e2.jpg
月光蝶のナノマシン散布用ベーンのハッチ開閉が背部の差替えにより再現されています
エフェクトはありませんが、心の目で見える…はず


HGtA_r_b1.jpgHGtA_r_b2.jpgHGtA_r_b4.jpgHGtA_r_b3.jpg
フル装備
シールドのホルダーは劇中や設定では白ですが、説明書ではグレーで塗装されています
なお、シールドのグリップを保持するギミックはありません

HGtA_r_c3.jpgHGtA_r_c1.jpgHGtA_r_c4.jpgHGtA_r_c2.jpg
マウント状態
サーベルホルダーのパーツの差替えでライフルとシールドをマウントすることができます


HGtA_r_g1.jpg
ビームライフル装備

HGtA_r_g3.jpg
銃床のスライドは差し替えで再現されています
グリップには可動ギミックがあります

HGtA_r_g4.jpg
最大出力モード
後部グリップには保持を固定するものがないので、左手で支えることが必要になります

HGtA_r_g2.jpg
ハンドパーツの挟み込みで無理やりにですが上の部分を持つこともできます


HGtA_r_h1.jpg
ビームサーベル装備
細くて長くていい感じですが、共通パーツのなので「ちょっとちがうかなー」という気もします

HGtA_r_h2.jpg
例によってサーベル刃は2つ付属
サーベルは肩のホルダーに装備することができます


HGtA_r_i1.jpgHGtA_r_i2.jpg
コアファイターは別パーツで再現
白一色ですが、ディテールは良く出来ていて、アクションベースへの接続穴もあります

HGtA_r_Z.jpg
ターンエーガンダムのレビューでした

期待値が高かったぶん、様々な部分が気になってしまいます
プロポーションや立体的なモールドはすごくいいんですが…、肩アーマーは少し残念です
近いうちに改造法を紹介できればとは考えています

(2014.04.19:追記)
製作開始!


ターンエーキット化に伴って∀旧キットが再版されています
プレミア必至のレアキット!でもHG化の望みもあるか?

「∀ガンダム」レビュー一覧
(旧キット)1/144「∀ガンダム」レビュー
(旧キット)1/144「フラット」レビュー
(旧キット)1/144「カプル」レビュー
(旧キット)1/144「シルバースモー」レビュー
(旧キット)1/144「ゴールドスモー」レビュー
(旧キット)1/144「ターンX」レビュー
(旧キット)1/100「∀ガンダム」レビュー
(旧キット)1/100「ゴールドスモー」レビュー
HGCC「∀ガンダム」レビュー
MG「∀ガンダム」レビュー
MG「ターンX」レビュー
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/04/14 00:00 ] キットレビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL