ジムスナイパーK9製作記「ジオン兵:突撃編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

HGBFよりジムスナイパーK9製作開始です
“ジムスナイパー”の製作ではありますが、しょっぱなからジオン兵の製作です

gk9_s1_.jpg
キットレビューはこちら


gk9_s1_a.jpg
今回加工するのは、3種類あるうち4個あるこちらのジオン兵です

gk9_s1_a1.jpggk9_s1_a2.jpg
まずは胴体を切断します
ナイフでアタリをつけてエッチングソーで切り出し
極力削る部分を少なくしておきます

gk9_s1_a3.jpg
背中のポシェット(?)はナイフで薄く切り取ります
「使えたら後で使おうかな」と、とりあえず切り取っています

gk9_s1_b1.jpggk9_s1_b2.jpg
続いて足元の土台を切断します
こちらのニッパーはアタリをつけているだけで、実際にはカッターのこを使っています
ニッパーやナイフでは断面が広がってパーツを傷つけてしまうことがあるので、削って切るノコギリを使用

gk9_s1_b3.jpg
一度分断した後はニッパーでいらない部分を切り取っています
靴底はやすりで削って調整します
土台から剥がすようにナイフで切り出すよりも、少しずつ余分な部分を削る方が確実です

gk9_s1_c1.jpg
左足首、右ひざを曲げて角度調整します
曲げやすいように関節を少し削っています

gk9_s1_c2.jpg
先ほど切断した胴体の角度を変えてプラセメント(流し込みタイプ)で再接着します
曲げた部分もプラセメントで固定しておきます
なお、平面的だった銃身部分は削って丸く整えています

gk9_s1_d1.jpg
ポリパテを使って断面を埋めます
こちらのパテには申し訳程度の補強の意味合いもあります

gk9_s1_d2.jpg
パテを削って整えた後、ポシェットを再接着します
ここでは別素材でも接着できる瞬間接着剤を使用

gk9_s1_e1.jpg
gk9_s1_e2.jpggk9_s1_e3.jpg
ジオン兵ビフォーアフター
GOGOGO!って感じの動きのあるポーズにしました
左足の土台はのちのち、ディスプレイを考えながら調整します

おそらく当ブログ“最小の記事”
キット付属のジオン兵は3種8個と同じ形状のパーツが何個かあるので、いくつかパターンを作っていく予定です

次回
ジオン兵:マリオ編
「俺らが求めた戦争だ」

関連記事
[ 2014/04/10 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL