魔星大将軍製作「仕上げ編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

魔星(マスター)製作もついに仕上げです
コートとシール貼りと接着、いつもより基本を丁寧に進めていきます

BBmast_s7_.jpg


では早速コートから
BBmast_s7_a1.jpg
仕上げコート前は埃のチェックがてらクロスで拭いておきます
クロスには埃のつきにくい眼鏡ふきなどを使用
この段階で失敗すると、フォローが大変なので慎重に

BBmast_s7_a2.jpg
クリアーは使用頻度も使用量も多いのでエアブラシ用に調整して作り置きしています
大量に作ると濃度調整もしやすいです

BBmast_s7_a3.jpg
コートは透明なので塗料が乗ったのかが分かりにくいです
一往復くらいを目安に、薄く広げ、つやが足りないようであれば再コートします

BBmast_s7_a4.jpg
大抵の場合、まずは光沢から始めて、次につや消しを塗装しています
フラットベースが入らないように念のため、ですね

つや消しコートにはちょっとした注意点があります
BBmast_s7_b1.jpgBBmast_s7_b2.jpg
サンプルカラーは今回黒として使用した国鉄+ブラック
こちらの画像はつや消しクリアーを厚塗りしたところです

BBmast_s7_b3.jpg
乾燥後、全体が白く曇り、部分的に光沢のようなつやが出てしまいました
つや消しは厚塗りすると画像のようなつやが出てしまったり、重ね塗りしても全体が白っぽくなってしまいます
薄く広げるよう意識しましょう

BBmast_s7_c1.jpg
つや消しクリアーも作り置きしています
フラットベースが底にたまりやすいのでしっかりと混ぜます

BBmast_s7_c2.jpg
エアブラシの中でも少しずつ沈んできます
時々うがいをしておきましょう

BBmast_s7_c3.jpg
今回はメッキパーツを光沢で、その他を全てつや消しでコートしています
毎回、つやはいろいろ考えながら質感を選んでいきますが、今回は號斗丸(ゴッドマル)に合わせています


コートが終わったところでさらに仕上げていきます
BBmast_s7_d1.jpg
BB戦士は大抵目にシールを使います
シールを貼ってからコートすることもできます
今回はシールのメタリックな質感が欲しかったので、顔につや消しコートをしてから貼っています

BBmast_s7_d2.jpg
今回のシール使用パーツ一覧
奥まった部分かつメタリックの質感が欲しかった部分に使用しています


BBmast_s7_e1.jpg
ポリキャップなどの可動部についてしまった塗料を溶剤で拭き取ります
塗装前にふさいでおくのが理想的ですが、拭き取ってしまえば問題ないです


BBmast_s7_e2.jpg
色分けの都合などで組み立ていなかったパーツを接着します
非可動な部分は接着しておいた方が、密着してかっこよくなります

BBmast_s7_e3.jpgBBmast_s7_e4.jpg
接着部分に塗料が付いていたら事前に拭き取っておきます
塗料が付いたままだと硬化が甘くなります

BBmast_s7_e5.jpg
仕上がりは画像の通り


BBmast_s7_f1.jpg
一通りの仕上げがすんだところでさらに乾燥させます
すぐに組み立ててしまいたいところではあるのですが、完全乾燥させた方が塗装剥げしにくい気がします
最近は、塗装後1日(24時間)くらいおいてから組み立てるようにしています


BBmast_s7_z.jpg
塗装編ではほぼ出ずっぱりだった三羅将より宇折堕(ウォルター)さん
おそらくギャラリーでは彼がここまでアップになることはないでしょう

塗装するとどうしても塗料の違いによって色ごとに質感が変わってしまいますが、
コートすることで質感が安定して、統一感がでてきます

次回で完成、ギャラリーアップ
BB戦士らしく、てんやわんや楽しく紹介します

次回を待て!

関連記事
[ 2014/03/27 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL