魔星大将軍製作「エナメル筆塗り編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

魔星製作、前回のラッカーの筆塗りに続いて今回はエナメル塗料を使った筆塗りです
エナメル塗装自体はウォッシングなどでいろいろ紹介していますが、筆塗りを中心に紹介するのは地味に初めてです
ちなみに號斗丸(ゴッドマル)に合わせていることもあって塗装部分はすべてブラックです

BBmast_s4_.jpg


エナメルカラーの特性については以前、基本製作のスミ入れで解説しましたが、ざっとおさらい

エナメルは塗料の伸びが良くラッカー塗料を溶かすようなことがないので、基本塗装後の上塗りに適しています
また、上塗り後の拭き取りも可能です
ただし、エナメル溶剤はプラを侵食してもろくしてしまう特性があるため、ラッカー塗装で保護する必要があります

また、下地をつや消しで塗装していた場合、つや消しの性質上、塗料の伸びが悪くなり、
拭き取りもしにくくなるので、塗装後であってもクリアコートした方がいい場合もあります


では実践へ
BBmast_s4_1.jpg
今回使用するカラーはタミヤのフラットブラック
例によって筆塗りに適した濃度にした塗料と、うすめ液を用意します
エナメル塗料は揮発性が程よいのでリターダーの必要はありません
タミヤのエナメルカラーは瓶そのままでも筆塗りできますが、自分の使いやすい濃度にしておきます

BBmast_s4_a1.jpgBBmast_s4_a2.jpg
エナメルでの筆塗りも筆塗りの基本に準じて塗装します
とはいえエナメル塗装は拭き取りを前提としているので、さほどはみ出しを気にせずに塗装してしまいます
エナメル塗装は、画像のように塗り分け、マスキングのしにくい奥まった部分への塗装に使うことが多いです

BBmast_s4_a4.jpg
エナメル塗料に限った話ではないのですが、フラットカラー(つや消し塗料)を使った場合、
表面が乾燥すると質感が変わります
この状態になるとふき取りが可能です
仮に、色が乗らずにエナメルで重ね塗りするような場合には、内側がまだ乾燥していないことがあるので、
念のため1時間くらい乾燥時間を置いた方がいいでしょう

続いては拭き取り
BBmast_s4_b1.jpg
拭き取りにはよく綿棒を使います
ティッシュなどの紙でもいいのですが、硬さのある綿棒の方が個人的には使いやすいです
綿棒はエナメル溶剤を含ませて、ティッシュなどで固く絞った状態で使います

BBmast_s4_b2.jpg
拭き取りでも筆塗りと同じように集中して行います
誤って塗装部分まで拭き取ってしまうと再塗装はなかなか面倒です
ですので筆塗りの時点であまり雑に塗装すると後で苦労します

BBmast_s4_b3.jpg
仕上がりは画像の通り

BBmast_s4_a3.jpgBBmast_s4_b4.jpg
多少ラフに塗ってもシュッとするのがエナメル塗装の売りです


BBmast_s4_b5.jpg
細かい拭き取りには筆を使うこともあります
拭き取りといっても境目を塗装するようなイメージです

BBmast_s4_b6.jpg
綿棒は先端がヘタってきたり、毛羽立ってきたら交換します

BBmast_s4_b7.jpg
毛羽立ちのなく、へたりの少ない綿棒のようなものとしてガイアのフィニッシュマスターというものがあります
使ってみれば扱いやすく便利なのですが、“消耗品にお金はかけない”方針なのであまり使わないです
今回も使ってはいませんが、紹介だけ


エナメル塗料は伸びが良く筆塗りしやすいのですが、隠ぺい力は低めです
BBmast_s4_c1.jpgBBmast_s4_c2.jpg
天国途(ヘブンズ)さんに黒を塗装した例
塗料が少し薄めなのも一因ですが、元のシルバーの質感を残したまま黒い膜を張ったようになります
明るい色に暗い色を塗装する(またはその逆の)ような場合には何度か重ね塗りする必要があります
今回は忍者の鎖帷子のイメージに近いのでそのまま採用します


続いてちょっと特殊な塗装
BBmast_s4_d2.jpg
宇折堕(ウォルター)のドクロマークのような境界があいまいな部分にはスミ入れがうまく出来ません
とはいえ色の境目はしっかりとさせたいので、少し太めにフラットブラックを塗装します

BBmast_s4_d3.jpg
太めの筆で、あえてムラができるように塗装します

BBmast_s4_d4.jpg
ある程度乾燥したら、綿棒の腹を使って境界をぼかすように拭き取ります

BBmast_s4_d5.jpg
ぼかそうとすると墨が広く伸びるので、不要な部分は綿棒の反対側も使ってきれいにふき取ります

BBmast_s4_d6.jpg
左右を見比べながら境界をぼんやりと仕上げます
丸っこいパーツで、特にシルバーなどの色に有効な塗装法です

BBmast_s4_z.jpg
ウォルターには口元も黒く塗って表情を強調しています
登場の度に表情がまがまがしくなっています

もともとはスミ入れとまとめて紹介する予定でしたが、
色塗りとスミ入れは似ているようでちょっと違うので分割しました

次回こそスミ入れです

次回を待て!

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/03/22 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL