天玉鎧炎鳳製作記「考察編」 このエントリーをはてなブックマークに追加

あまり音沙汰なしというのもあれなので…
ティエレンの前にちょっとだけ天玉鎧の話
天玉鎧 炎鳳 考察1
曹操・天玉鎧炎鳳+鳳熾魂
(ソウソウ・テンギョクガイエンホウ+ホウシコン)
ちなみに今回からクリックで画像が拡大します



まずは表紙の通り、組むこと自体は特に問題ないですね

ここからいろいろといじっていくわけですが…
悩みどころが多々(汗

まずはこちら↓
天玉鎧 炎鳳 考察3
通常版曹操+炎鳳なんですが…
カラーリングに統合性がなさすぎるんですよ

天玉鎧の元のカラーは、銀、金、白、赤、青…っと
様々な形態を再現するために色がやかましいんです
特に、青。曹操と組み合わせたときにあまりに浮いてしまいます

マンガではカラーを赤基調にしたり、アニメではうまく曹操の胴体に隠して見えにくい様にしてましたね
実際に組むとなれば、炎鳳専用のカラーリングにするしかないわけで…
つまり、他の形態をするためにはまた買わなきゃいけないということで…

えぇ、買いましょう
買えばいいんでしょ!
買ってやるよ「真 紅蓮装 曹操・天玉鎧炎鳳」!

っというわけで、カラーリングの問題解決…
以下は真面目に考察していきましょう↓
天玉鎧 炎鳳 考察2
鳳熾魂と並べて…、倍くらいの大きさの差がありますね

青いキャノン砲は頭と干渉しますし、色的にも目立ち過ぎますので、尻尾として解釈
赤いキャノン砲は基本的に自作の紅蓮砲に換装。画像の位置は暫定的なものです

例によって機武帝をゴールとして考えると…
避けては通れないのが鳳熾魂です

ボリュームがものすごいことになりそうですね…
ためしに組んだものがこちら↓
天玉鎧 炎鳳 考察5
A3マットを覆い尽くさんばかりの面積です(汗

紅蓮砲は順当に構えるとすると画像の位置に
鳳熾魂はどこかに組み込みたいんですが、画像はただ乗せただけです(汗

問題は翼なんですが…
画像の組み方だとなんとも奥まった構造になってしまいますね
接続穴は多いんですがなかなかピンとくるとこがなく
この翼の付け方によって赤基調の裏、金基調の表、あるいはその逆かのカラーリングが決まります

天玉鎧 炎鳳 考察4
正面から

上記の問題以外にも
機武帝の肩パーツを考えると肩周りのクリアランスがギリだったり、
保持力の問題、接続のポリキャップ化、天玉鎧の可動などなど…
不可能ではないですが、考えなくてはならない課題が多々(汗

手が空いたらいろいろと遊びながら考えていきたいと思います


以下蛇足…

ド素人が“色彩”だの“デザイン”だのというのはなかなか恥ずかしいんですが…
「改造する人は最初に何を考えているのだろう?」というのが少しでも伝われば幸いです
(自分程度でよろしければの話ですが…)
次回を待て!




明日からはティエレンの製作記になります
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2011/04/23 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(2)

3: 宗田聖人 (2011/04/23 22:51)

やった~天玉鎧曹操だぁ。楽しみにしておりますね。
自分も昨日偶然機武帝セット(900円!)を見かけて購入しました。
忙しいのでいつ完成できるやら・・・・

4: つくる人 (2011/04/23 23:29)

なんとなくこうかな~っというイメージは出来ているのですが…
製作予定の物が多々ありますので、こちらも完成はいつになるやら(汗
気長にお待ちください

900円!
うらやましい…
つくる人が曹操製作に費やした金額は…

…計算しないでおきます;;;

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL