ガーベラ・テトラ製作記「改造まとめ」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーベラ製作14回目、今回は今まで紹介しそびれていたいくつかのパーツをまとめて紹介
最後に仮組みもします

gt_s14_.jpg


脚部の形状変更で紹介しそびれていたのですが、足首の可動軸は補強してあります
gt_s3_e1.jpggt_s3_e2.jpg
まずは足首のボールジョイントに1mmの穴をあけ、1mmの真鍮線を仕込みます
奥まで差し込んだところで真鍮線を切り取ります

gt_s3_e3.jpggt_s3_e4.jpg
元々ある肉抜き部分をプラリペアで埋めて固定します

gt_s3_e5.jpg
ふくらはぎ側の軸も裏の肉抜きをプラリペアで埋めて補強します
プラリペアは溶着力と硬度から裏面などへの補強には最適です


続いてビームマシンガン
gt_s14_a1.jpggt_s14_a2.jpg
ビームマシンガンはとりあえず分割します
“とりあえず”でいろいろ分割するのは自分の悪い癖
一応の目的は合わせ目消しと塗り分けをやりやすくするためです

gt_s14_a3.jpg
ビームマシンガンの冷却材(?)部分にHジョイントを仕込みます
もともとは可動させるつもりでいたのですが、軸が合わなかったのでただの接続パーツです

gt_s14_a4.jpg
冷却ユニットがいびつな形になっていたので、ポリパテで埋めて円筒状に
分割のしすぎで元の形にちゃんとなるのかは怪しいのですが、試しにこのまま塗装までして、最後に接着します


続いてヘッドパーツ
gt_s14_b1.jpg
モノアイを仕込んだためにヘッド部分が透けて見えてしまうので、それを解消します

gt_s14_b3.jpggt_s14_b4.jpg
1mmのプラバンを仕込みます
幅はヘッドパーツに合わせて、高さはモノアイの高さに合わせています
モノアイとのクリアランスはほぼない状態です

gt_s14_b2.jpg
後部の軸も太く加工しておきます
こちらは一度削りすぎてしまっているのでそのフォローでもあります

gt_s14_b5.jpg
仕上がりは画像の通りです
正面から見るとプラバンが見えるのできちんと塗装する必要があります

gt_s14_c1.jpg
ボディにもフィンから透けて見える隙間があったのでそこを埋めます
こちらはポリパテを使用


続いてはシュツルムブースター
gt_s14_e1.jpg
姿勢制御用のブースターは追加パーツではなく、1mmドリルによる彫り込みでディテールアップしています


gt_s14_d1.jpggt_s14_d2.jpg
先端のアンテナは切り取り、0.5mmの真鍮線を取り付けます
真鍮線だけというのも味気ないので先端に元のアンテナを再使用しています


gt_s14_f2.jpg
アンテナの反対側にあるこちらの部分にはパーツを追加します

gt_s14_f3.jpggt_s14_f4.jpg
中心部分にピンバイスで穴をあけ、1mmプラ棒の先端を丸く加工したものを用意します

gt_s14_f5.jpg
裏から差し込んで接着します
アンテナの反対側がさみしかったので追加しましたが、何なのかはわかっていません

gt_s14_g1.jpg
プロペラントタンクはポリキャップが見えすぎていたのでプラパイプを使って少し延長
段差はポリパテで埋めています

gt_s14_g3.jpg
延長に合わせてタンク側も1.5mmほど延長
こちらは腕の延長と同じやり方です

gt_s14_g2.jpg
接続すると画像のようになります
上の部分にはプラ丸棒とプラパイプを使って追加パーツ


gt_s14_h1.jpg
サーベルはパーティングラインを消し、ついでに軽くシャープ化しています
やり方はジンクス製作で詳しく紹介しています


gt_s14_Z.jpg
一通りの加工が終わったところで仮組み
太くはないのですが重そうに見える、イメージ通り密度の高い機体になりました

しっかり立っているように見えますが、仮組みパーツが多いのでかなりギリギリのバランスで立っています
出来るだけ早く完成させてガシガシ動かしたいです

「拳を握り、ガーベラは立つ」
ハンドスクラッチ


改造仕上げが終わったので早速塗装に取り掛かりたいところではあるのですが、
現在諸事情あって塗装ができない状態にあります
作ってみたい小物もあるので、もしかしたらもう少し改造編が続くかもしれません
関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/01/24 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL