ガーベラ・テトラ製作記「アームディテール」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーベラ製作、12回目となる今回は腕にディテールを追加していきます
腕といっても肩のバーニア、スタビライザーにも手を加えていきます

gt_s12_.jpg


gt_s12_d1.jpg
まずは腕の関節の接続ダボを削って後ハメ加工しておきます
試行錯誤しながらだったので少し余計な部分も削ってしまっています

gt_s12_d3.jpggt_s12_d2.jpg
関節のモーター部分にリベットパーツを追加します
こちらのパーツは2.5mmのプラ丸棒に0.5mmの溝を掘ったものを切り出して作成しています
作り方としては以前製作した方法と同じです(以前作ったよりもちょっとうまくなりました)

gt_s12_e1.jpg
二の腕部分には5mm幅に切ったダイモテープを使ってモールドを追加します
(ダイモテープについて詳しくはこちらで)


gt_s12_h1.jpg
以前切り取った肩の装甲部分は再度0.5mm厚のプラバン(2.5mm幅プラ棒)でふさぎます
少し段差ができてしまいましたが、ディテールとしてありだと思うのでそのまま残します


gt_s12_f1.jpg
下腕のアーマー部分、機関砲の銃口は1mm開口しています
パーツを追加しても良かったのですが、クリアランスが限界だったので穴あけだけにとどめています

gt_s12_f2.jpg
アーマーの肘部分は一度平面に削ったうえでプラバンを追加してシャープ化しています
こちらの工程はどっちかというと失敗のフォローなので、もう少し効率のいい方法があったかもしれません


gt_s12_g2.jpg
腕のパイプ部分には元あった凸モールドを削って、凹型のマイナスモールドを追加します
こちらは1.5mmのプラ丸棒を使って製作したものです


gt_s12_i1.jpg
製作した腕パーツを組み合わせると画像の通り
見ての通り変化としてはなかなか地味です


続いて肩アーマー部分
gt_s12_a1.jpggt_s12_a2.jpg
肩のバーニア部分にモールドを追加していきます
スジボリの基本に従って外側の線からスジ彫りし、それを結ぶようにモールドをつないでいきます
ちなみに上のモールドが8mm長、下のモールドは7mm長の線を引いています

gt_s12_a3.jpg
外側のモールドは0.1幅のモールドですが、内側のモールドは0.2mm幅のモールドを彫ります

gt_s12_b1.jpggt_s12_b2.jpg
バーニア、噴射口側にもモールドを追加します
円形パーツにはダイモテープが付きにくいのでアルミテープを貼っています

gt_s12_b3.jpg
内部は大型化の際に削っているので、0.5mmプラ丸棒を使って凸モールドを追加します

gt_s12_b4.jpg
プラ棒は多少長めに取り付けて、硬化後に削って調整します


gt_s12_c0.jpg
肩のスタビライザーは後ハメと可動の安定化のため、接続ピンをポリキャップに差し替えています
具体的にはwavePC-03の幅4mmに合わせて関節とスラスター接続ピンを削り、
接続パーツの中心に2mmの接続ピンがくるように接着しています
細かな調整が必要なうえパーツが複雑になるのでお勧めできる加工ではないです

gt_s12_c1.jpg
後部にもともとあるくぼみをピンバイスで少し彫ります
こちらは開口せずに少し彫るだけです

gt_s12_c2.jpg
前方後方のスタビライザー上部分に凹型のマイナスリベットを追加します
リベットの追加についてはこちらで特集しています


gt_s12_Z.jpg
ガーベラテトラ本体に取り付けると画像の通りです

久しぶりの全体像
なかなかメカメカした姿となりましたが、シルエットがゴツゴツしないように心がけました

ガーベラテトラ改造編はおそらくあと2回か3回で終了
気づけば最長編の模様です

「握られた拳、開かれた掌、その矛先はどこを向くのか」
ハンドディテール

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2014/01/05 00:00 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL