ガーベラ・テトラ製作記「股間ディテール」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーベラ製作10回目
今回は股間というか腰というか、人間でいうと骨盤にあたる部分のディテールアップを行います
例によってプラ板を使った基本の応用ですが、いつもよりちょっと複雑な応用です

gt_s10_.jpg


gt_s10_a1.jpg
まずはこちらのバーニア部分を加工します

gt_s10_a2.jpg
カバーを外し内部のバーニアダクトを切り取ります
ロスが少ないようにエッチングノコを使っています

gt_s10_a3.jpg
断面は画像のように
やすり掛けして表面を整えておきます

gt_s10_a4.jpg
続いて内部を切り取り、型抜きします
こちらはタガネを使っていますが、デザインナイフでも切り出せます

gt_s10_a5.jpg
こちらもやすりで整えます

gt_s10_b1.jpg
続いて内部に仕込むスリットを製作します
0.3mmのプラバンに1mm間隔で0.1mmの溝を彫ります

gt_s10_b2.jpg
先ほど切り出したダクトを上に接着します
バーニアダクトのように奥まった部分では、直接彫るよりも楽にきれいに仕上がります

gt_s10_b3.jpg
無駄な部分を切り取り仕上げます
接着時ののりしろとしてはみ出た部分を少しとっておきます

gt_s10_b4.jpg
余った部分を裏側に貼ります
こちらは裏側にダボがあって切り抜きが難しかったので、直接貼り付けています

gt_s10_c1.jpg
続いては外側のカバーを加工
元あった丸ボールド部分を2.5mm開口します
なお上部は1mmのプラバンを使って大型化し、バーニア部分はエッジ出しのようなことをしています

gt_s10_c2.jpg
2.5mmのプラ棒に1mm弱の溝を彫ります

gt_s10_c3.jpg
先端を1mmほど切り出し、3mmのプラ棒に接着します
硬化したら表面をやすりで削って整えます

gt_s10_c4.jpg
先ほど開口した2.5mm穴に差し込みます
3mm部分はストッパーのような役割をします

gt_s10_c5.jpg
プラ棒は適当なところで切り取って、周りをポリパテで埋めます

gt_s10_c6.jpg
無駄な部分を削って仕上げます
こちらのポリパテには補強と肉抜き埋めの両方の意味合いがあります

gt_s10_d1.jpg
続いてこんなパーツを用意します
1mmのプラ棒を1mmほどの長さで切り出し、角を落としたものです

gt_s10_d2.jpg
バーニアとの境目部分に接着します
こちらは特に位置決めをせず、好きなところに接着して、反対側はそれに合わせて調整しています

gt_s10_d3.jpg
接着したパーツに0.5mmの穴をあけます
細かい位置決めなどのやり方はこちら

gt_s10_d4.jpg
形状が決まったらやすりで削って小さくしていきます
厚さはお好みですが、だいたい0.3mmくらいが目安です

gt_s10_d5.jpg
仕上がりは画像の通り
細かくなるパーツはある程度組んでから小さくした方が簡単になる場合もあります

gt_s10_f1.jpg
足の付け根部分には0.5mmのプラ角棒を使って機械的なモールドを追加します
切り出し長さは2mm、位置決めはバーニア部分と同じように適当に決めて左右を合わせます

gt_s10_f2.jpg
付け根の裏面には肉抜きがあったので、1mmプラバンを差し込むことで埋めます
(組んでみたら見えないと思っていた上部も見えることが分かったので、のちに追加で埋めています)

gt_s10_f3.jpg
仕上がりは画像のように
こちらにもプラ角棒でモールドを追加しています

続いては脚部に追加モールドを
gt_s10_e1.jpg
ダイモテープを使って外幅6mm、内幅4mm、内の高さ3mmのテンプレートを作り、
0.5mmの溝を彫ります

gt_s10_e2.jpg
上部分もナイフで少し削って、角度を付けます

gt_s10_e3.jpg
仕上げに溝を1mmに拡張します
最初から1mmの溝を掘っても良かったのですが、ちょっとした方針のブレです

gt_s10_e4.jpg
仕上がりは画像のように
テンプレートを作らずとも鉛筆書きで位置決めをしても良かったかもしれません

gt_s10_Z.jpg
今回製作のパーツを組み合わせると画像のようになります

追加パーツはわざわざ作らなくても既成パーツで似たようなものがありますが、
自作した方が応用が利き、何より愛着が増します
慣れればコストパフォーマンスも良いはずです

「ボディディティール、見えてきた形」
胴体ディテール


[プチ参考]プラ素材について
角棒やアングル材などのプラ素材は信頼と精度から京商のエバーグリーンシリーズをお勧めします
アマゾンではあまり取り扱っていないのでヨドバシ.comjoshin webを利用すると安定して確保することができます

関連記事


質問、リクエスト募集中!
[ 2013/12/24 00:15 ] 製作記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL